迷わず行こうよ、行けばわかるさ

何でも経験してみなけりゃわからない。やってみると先がみえるよね。リタイアオヤジのダイアリー。

喧噪から脱出

シンガポールに戻りました。いやー三回目のインドネシアでしたが、相変わらずです。町中ごちゃごちゃだし、貧困丸出しです。道路も舗装されてるものの、至るところに穴ぼこだらけ。地方じゃなくて、首都ジャカルタがです。未だに日本で言うなら完全に昭和です。


昔いったバリ島は観光地なんで、田舎だし昭和の雰囲気が懐かしいな〜と思えました。だけど、仕事で首都ジャカルタが2011年にこの有様は何だろうと。


独裁政権が続き、やはり国民の事を考えて来なかったんですね。電気、水道、道路など基本インフラがダメ過ぎます。


政権側の人間が搾取し、一般は貧困。(袖の下は当たり前です)2000年以降インターネットが普及してるから少しは良くなってるんでしょうと思ったけどね。多分大半はバソコンもまだ持ってないね。


会議が終了した後、モールの最上階にあるカラオケに行ってみました。(モールにはショッピング、高級ホテルが集約されてます。一部の顧客向けにどこにも出かけず安全にと解釈できます。)


このカラオケが凄くて驚いた。いきなり超高級な馬鹿デカイ店で、何十人ものモデルみたいな中国人女性が60室あるカラオケルームを行脚して回ってる。何じゃこれは?と思い、英語話せるマネージャー呼んだ。中国系女性マネージャーによるとカラオケのお供を選ぶシステム。値段聞くと部屋代とチップで約一万円。普通の人の月収は二万円位だから現地の人は行けない。そうです、ここは中国人富裕顧客メインのお店だったんですね。華僑はどこでも商売上手。インドネシアでも政権、役人、王族並、またはそれ以上に稼いでいるでしょう。悪いと言ってるのではありません。ビジネスが上手いんですよ。日本はJAICA系の開発は得意だけどビジネスは下手だと思う。


何がいいたかったっけ、、、(笑)


そうそう、国に頼ってる日本人もインドネシアの一般の人(搾取されてる側)と同じだなと。日本という国はインフラしっかりしていて人権は元より老齢年金や国民健康保険もある、治安も安定した、素晴らしい安全と安心の国。夢のような国です。


だけどそれゆえ、国任せ、体制まかせになっちゃてませんか?政府をお上(神)なんて言うし。そういう下剋上諦めムードの、人柄良い、ヌルイ感じがインドネシアの一般の人と似てる気がします。(オレは顔も似てるけどw)


なので国や自治体に迷わされず自分で考え自分で行動するってのが大事だってことを再度言いたかったのかな?(笑)


パソコン繋がらず携帯で日記書いてたら酔いそうです、てか酔ってます(汗)


安心安全の、日本の様なシンガポールに戻っての感想でした。