迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

あの頃・・・1983

昨日は大学時代の友人が来福してて昼12時から20時まで4人で痛飲~。昼は八仙閣 (| 中華料理店)でスタート。(ここは美味しいし、きれいな個室無料だし、リーズナブルの三拍子揃ってておすすめ)その後、カラオケで歌わずに80’SのソウルやAORのBGMをつまみに2次会。あの歌なんだっけ?と携帯で必至で曲名や歌手探したりして。最後は福岡空港2ビルの居酒屋海幸(屋台)にて。(ここも品揃え多数、安くて美味しくおすすめ)

 

この面子、あの頃、みんな福岡から上京して東京行きたくて仕方なかった連中だから、東京にいるだけでハイだった。うち半数は体育会だったんだけど、よく飲んだりしてた。福岡の出身校や予備校つながりがベースとなって、その後郷里が一緒というだけで福岡&九州出身者の友達の輪がどんどん拡がった。なぜか田舎者はそういう風に群れていくよね。言葉で安心したかったとかもあるんだろうね。九男会(九州男子会)なる拓殖大応援団を中心とした男だけ数十名の怖ろしい飲み会もあった(飲んでるからその後当然街で小競り合いとなる。当時は渋谷開催)

 

もうあの頃の東京+Discoの組み合わせのワクワク感たるや比較できるものがない。波乗り憶えたりも楽しかったけど、やっぱSTAR WOODSっていう渋谷のDISCOがいちばん印象に残ってる。始まりの17時から朝まで居れて食べ放題・飲み放題・踊り放題・声掛け放題で2500円とかだった。本当に楽園だった。未だ他にないな。そしてアホみたいに通りがかりの姐さんがたをナンパ(順番で声掛けするのが日常、その後就職して営業職にかなり役立った。断れるのが当たり前だったから)一度は風間トオルのパーティみたいのになぜか間違って男4人で参加し(当然周りは全て女子)しょうが無いから、端っこでナンパしてたり。そういうよくわからんことが多くあった。あの頃のバカたれな日々を誰か小説に書いて欲しい。本当に。(*この頃のナンパというのは今とは違い、挨拶みたいなものだったんですよ。イタリアっぽい軽さというかw)

 

まぁそんなこんなを話し続け、涙流して笑ってあっと言う間の8時間だった。そしてみんな社会人となり、家庭をもち(オレ以外ね)、立場のある人みたいになってるけど、基本的に何も変わってなくてただの田舎者だってことが再確認できた。かなりホッとするよ~ 自分で自分のことが一番解らないしね。この連中といると自分の真の姿がどんなのかよく解る。彼らが言ってること、彼らの評価が正解。今じゃすっかり仙人がごとく女っ気無く山や海に趣向が移ってすっかり自然派なんだけどねー。

 

やっぱりこの連中と年に1回は飲み会せないかんね。自分を勘違いしないため、生きる楽しさを思い出すため。そう思った。