迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

さて、再出発だなー

先月末で業務終了しました(退職)。大学生~40歳のバイトの皆さんから送別会までしていただき感謝です。(参加費も皆で負担して頂いた・・・いい人達だ・・・涙)昨日も友達の誕生日兼おつかれさま会ということで友人宅でいいい酒を頂きました。ほんと感謝です。今後も継続的にお付き合いしたいなと思ってます。(彼らがどうかは?だけどね)

 

さて、夜勤で昼夜逆転してた体調も普通になってきました。もう54歳になったし、この機会に今後どうするのか?のビッグ・ピクチャーを再考せねばなりません。普通に考えてあと20年は生きる、つまり20年間仕事をするでしょう。実は昔のイメージのような”リアイアしてのんびり~”な感じはいろいろな意味で難しいのです。(→日本でリタイアは難しい 

 

簡単にいうと年金+貯蓄で資金的には足りても、人は人と関わっていなければ生きてけないです。それには働くことが一番。そんで雇用される側だと60歳定年が来ます。(もしくは65歳とか延長されるでしょうけれど)そこでまたゼロスタートになる可能性が高い。60歳でゼロスタートするとよほどの資格や能力ないと給料的には下限スタートになっちゃうし、仕事の選択もできなくなっちゃう。

 

なので本当は~60歳のこのタイミングで自分でずーと75歳くらいまでできる仕事を生み出すのがベストです。本当ならば40代からはそうしたことを視野に入れておくべきですよね。しかもそれは自分がちゃんと楽しめる仕事。最後の仕事になるからです。

 

で、私はオヤジとの共同生活を基本条件にしてるので、自宅近くで起業するべきだということになります。現在85だし父親が運転もいつまでできるか不明だし。で、そうしようと努力してみるのですが、今度は地方経済の失速の壁があり、リスクを取っても事業スタートできない状況なのですね。なかなか継続的な事業を見込めない。転職多く多彩に活動してきたけれど、残念ながら事業者としての能力・経験が不足してるのでしょう。

 

自分で小さな事業を始めるタイミングなんです。ほんと。でもなかなかうまく発想・計画できないから、雇用される側の仕事でも今後20年の自分の活動に繋がることをしようと思ってます。

 

というわけで、ビッグ・ピクチャーをどーんと描くタイミングじゃないな、と今日時点では思ってます。地元にいれて楽しめること。夜勤じゃないこと(予想外にシンドかったです)、今後の活動に繋がりを見つけられること。この線で当分活動したいと思います。海や山への興味よりは今後の方向づけを優先したいと思ってます。

(山登り系のみなさん、今年の長期山旅はやっぱり?かなーと思ってます)