迷わず行こうよ、行けばわかるさ

45で帰郷。何でも経験してみなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたくなるよね

やりたいことリストの前に、やることリスト。

今日は17時の定時で業務終了、それで今日は夕食を作ろうと思い、オヤジに連絡。まだ弁当食べてなかったので、料理するから食べないでおいてと伝えた。(オヤジと2人暮らしで普段オヤジは毎日ワタミの弁当。ちなみオレ55歳、オヤジ86歳)

 

スーパーに寄り、いつもはしゃぶしゃぶばっかりだったから、今日はリッチに行こうと一か月ぶりくらいにすき焼きにすることにして食材購入。

 

会社で電話してから約1時間で帰宅。するとすでにご飯の匂いがする。ん?もしや?とシンクを見に行ったら、弁当の箱が水に浸けられてるぅ・・・あー オレがご飯作るっていうことをもう忘れて弁当たべちゃったのだ(悲)

 

まぁ今回で3度目くらいだから仕方ないよなぁと思いつつ、すき焼きだったのに。。。と思う。で本人に「あれ、弁当食べたんやね~」って聞くとさっき食べたとのこと。最初のころと違いこっちも柔らかくなってるから「すき焼きだったの忘れたんよねぇ~」ってやわらかめに聞いた。「あ、そうだったっかねえ~忘れて食べてしもうた」と。オヤジがわるいんじゃないけん、話し合って次の時は白板(冷蔵庫に貼ってある磁石の板)に書こう~ということになった。さっそく「明日はすき焼き」と書いた。

 

一人でミニすき焼きをしながら飲んでたら、オヤジはオレがいるから忘れても生きていけるけど、オレはどうすりゃいんだろう?そして終活もオレが何気に聞いてまとめてるからだいたい把握してるけど、オレはどうする?と思った。

 

終活を開始せねばならないのは、オレなのだ。オヤジがいなくなったら、このまま間違いなく家で一人暮らしになる。こないだ考えた医療保険そのものではなく、病気になったときにどうやって病院に行くのか?とか気を失しなったり動けなくなったらどうするのか?そのまま亡くなった場合、発見が遅れるな?とかね。今から体制造りをしなきゃならないのは55歳のオレなのだった。医療保険はもし・・・に備えた金銭的なものでしかない。だけど、終活は確実に訪れる将来への取り組み。

 

どんな事柄があるかな?書いてみよう。

 

*家をどうするか。半分は45年くらい経過、あと半分はまだ15年くらいなのでOK。古い家を壊して古いほうの家にあるお風呂場だけを新しいほうに増築するかな。俺があと20年生きるとしてね。そうすると俺がいなくなったあとは甥たちが処分しやすいよね。住む気にもなるかもだし。負担がない状態にしておかねばね。お金かかるなぁ。でもやるなら今だよね。

 

*同時に併せて考えなきゃいけないのは、一人になったらどこに住むのか?問題。実家に住むなら改装(撤去とちいさく増築)。もしここではなくて福岡に住むか。それもお金がかかるよね。福岡に住むにしても、地元に住むにしてもまぁどちらも数人は友達いるからね。仕事を長くするのであれば福岡がベターだろうけどね、いい病院もたくさんあるし。田舎は車が交通手段なので、運転できない(しないほうがいい)高齢になったら公共交通がととのってる福岡がいいよねえ。

 

*次に病気になったときに意思を伝達してくれる人が必要だよね。後見人的なね。今は妹が柳川にいるし、保険の受取人や第二連絡先は妹にしてるけどね。妹もがん経験の患者だし(幸いここ数年は終息してるみただけどね)同時もありえる。妹には旦那と子供いるから対応できるから、オレは妹の心配はしなくてOKなのは幸い。あと2~3人はある程度信頼できる人がいないとまずいよね~と思う。お互いにね。1日1回は生存確認の意味でメッセージするとかさ。そういう体制造りをもう始めなければいけないよね。

 

*昔ながらに結婚しても2人だからいずれどちらかが1人になるからね。なので結婚でない信頼できる関係づくり(メンバー作り)が必要やね。独身同士のね。あ、独身でない人でもいいのか。将来独身になるから。LINEでグループ作って1日1回挨拶と現状報告をするとかね。近くにいないといけないよね。何かヘルプすることがあれば1時間以内で動ける範囲かな。なんかそういうサービスできないかな。(あるのかもしれない)

 

*このメンバー探しと家の改装計画はもう始めたほうがいいね。それに将来どこで介護を受けるか(100%受けることになる)自宅にきてもらうサービスと契約か、施設に入居するかも決めておかねばならないね。

 

*あと、オレの場合、ここで家が終了するので墓じまいもしなきゃいけない。永代供養だね。オレの骨の行先も含めて。お寺さんに相談して決めないとね。

 

元気な今のうちに動いて必要と不要を断捨離して身軽になりたいね。心身ともに。そうすると明るく楽しい今からの20年が考えられる。ちゃんとやっておかないとどっちつかずでごみ屋敷になり、垣根も伸び放題みたいな廃墟化に向かう気がする。いや、向かう。

 

こないだまでは、やることリストしか頭になかった。ヒマラヤトレッキングとか遊びの計画。だけどその前にやることがあるわ。そういう年代にはいってる。とりいそぎすぐにでも心身がかるくなるよう計画と実行を始めよう。すっきりしてから遊びだしたほうがいよね!

 

精神面も整理する仕事だね、これは。今はワイン飲んでよっばらいだから、シラフの時にちゃんとリストアップしよー。ボチボチがんばろーっと。 

 

>追記 2018.11.22
将来甥っ子たちが住む可能性は極めて低いな。面倒をかけるだけになりそうだから、外回り整理して家も最低限の手入れにしておいて、終の棲家をどうするかを決めようと思う。アパートが賃貸できればいいんだけどね。世の中の様子みながら65までには決めよう。