読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも自分で経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

最近、心理学が面白い♪

ライフスタイル

これまで何回か書いてきたけど、心理学、知らなすぎて面白いんだよねー。キッカケはTV。植木さんて心理学者さんが興味深い心理の話をしたんだよね。そんで彼女の本を買ったのが始まり。かなり眼から鱗っていうか、へぇ〜そうなのねぇ〜 な驚きの事が多くて。だいたい何でも自分の感覚が正しいだろうと思って生きてるよね?仕事でも、人生でも。(除く恋愛・・・笑)それがねー、どうもかなり違ってるというか、原因と思ってることが実は目的だったり、これからの課題だと思ってることが実は全然関係のないことだったり、友達や親に承認要求を求めるのが当たり前だと思ってたり。結構な領域で勘違いしてるのが散見されるんだよね〜


自分で経験したこと、友人と話したこと、本などの情報を基本にして今の考え方ができてると思うんだけど、目立ちたくないのになんでいつもリスクを取る方向の判断をしてしまうのか?とか(脳からドーパミンという冒険思考させるホルモンが分泌されるらしく、常にリスキーな事を好むらしい)、かなりははぁ〜な部分を発見できるよ。人のことはこんな人と言えるけど、自分は解らないでしょ?多分、こんな感じかなぁ〜くらいで。そういうことも確認できちゃったりする。何でこの歳まで面白いと思わなかったのか、相当不思議だなぁ。(きっと心理学なんて胡散臭いし、押し付け強く、変な影響を受けるのが嫌だったからだと思う。なんか世界観が宗教っぽいというか、その世界で完結してそうな拒否感て感じか)


今では人生を読み解くツールとして役立つ気がする。読み解く必要があるのかどうかは個人次第だけど、オレは知りたいな。

読んだ順番

フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる心理学

フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる心理学

へぇ〜な事例が沢山あってとにかく読みやすい
ビジュアル図解 心理学

ビジュアル図解 心理学

心理学の領域ってどんなかんじ?を図解してありわかりやすい 
社会心理学 (New Liberal Arts Selection)

社会心理学 (New Liberal Arts Selection)

  • 作者: 池田謙一,唐沢穣,工藤恵理子,村本由紀子
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 2010/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 28回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
教科書。特有のめんどくささがあるけど、飛ばし読みやこだわり読みができる
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

原因があって現在があるのでは無く目的があって行動している、選択判断して人生を描くのだ、というアドラー心理学。オススメ。


もっとあったと思うんだけど、積み上げた本でジャングルみたくなってるからどこにあるか不明w とりいそぎ最近の4冊だけど結構な発見や驚きや目からうろこがあったよ〜。もう一回大学行って心理学を受講したいくらいだよ。(マジで)きっとこの辺の情報でいろんな人生本みたいのが上手に出版されてるんだと思うよ。まず買わないんだよね、自己啓発本の類。(人生は自分で考えて自分で決めると思ってるから) そのうち話題を個別に書いていこーかな。相当あるし、面白いからシリーズ化できるな(笑)