迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

なんで食事の写真をUPするんだろう?


オレらのソウルフード”ちゃんぽん”。今日は地元柳川の喜よし食堂でオヤジと食した。野菜たっぷりで旨い〜。ちょっと意図あって食事の写真を載せてみた。


ブログ始めた頃からずーっと不思議に思ってることのひとつがこの料理写真のUPなんだよね。ブログを始め、フェイスブックでもみんな嬉々として(だと思う)UPした料理の写真が違和感なく氾濫してる。もともとオレの中にご飯を紹介するという発想が全くないので、目的が何なのか、本当にわからないのだ。以前、同様のコメント書いた時、知人に教えてもらったんだけど、フード・ポルノっていうらしいんだよね。料理のUPは周りの共感を得るということなのだろうけどね。きっと。もうTVでも料理やグルメ番組でうんざり。直接食欲を刺激するから視聴率高いのわかるけどさー。もっとやるべき番組あんじゃないのって(-_-;) 


性欲のポルノグラフと食欲のフードポルノ、つまり観た人に食欲をそそらせよう、そそられるよね?と共感するのが目的?・・・だとすればね、PLAYBOYなんかのグラビアをUPしてすげぇよねぇ〜って書いているのと一緒だよね、と思うのだ。料理の肉汁が〜って表現はもはやおぞましいくらいエロだよね(それとこれは違う?) それともコレ凄い料理でしょ?美味しかったっていう自慢、もしくは美味しいお店の紹介をしたいのかなぁ。 プロの料理人や飲食店の方々、また自分で編み出した創作料理ならUPするのは理解できるんだよね。だけど、多くの人がレストランや居酒屋でただ御飯の写真をUPするのに違和感ないのか、やっぱり不思議。。。


どーもこんな風に思ってるのはオレだけみたいな感じ強くてね。あんまり何で?って指摘を見たことが無いし。多分、オレが過敏というか変なんだろうと思う。オレが食事に重きを置いていないから?美味しいもの食べるの好きなんですよ、実際は。ただブログのお題にはならない(お題にするには違和感満載) このブログも日記調で書いてるけど、日々起こったことを書こうって思ってるわけじゃなくって何か面白い発見だったり、考え方だったり、遊びだったり、新しいチャレンジだったりを書いておいでの皆様に面白がっていただければ幸い、と思ってるんだよね。なかなかそー簡単に出来ないけどね。何回も砂の山作っちゃ崩し、プータローしてしまうキャラ(しなきゃならなくなる)のも珍しいだろうから。


ヒトの生存の根源である食欲と性欲については、もうあるがままだしサガだから。煩悩の以前の本能の部分なんで、それをお題にするのが何か虚しい、卑しいとう気がしてるんだな。 食事は贅沢でなくともそこそこでいいし。ミシュランの★評価はげーと思うし、フォアグラなんて惨劇だし。少なくとも話を拡げる部分じゃないんだよね〜 とにかく。分厚いA5ランクのステーキ肉出たら終わりというかさ。でも世にはバンバン普通に展開されていて。ネットもなく口コミだけの時代の方が美味しいものにであえた時のトキメキ感がったよね。うーん、そういうことかも。あんまり見せられてのうんざり感かも・・・。


この意見も少数派なんだろうなぁ。。。ちなみ調べたらWikiにはこうあった→食と性