迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

エグザイル?ノマド?or バガボンド


(↑Canadaの田舎道にて)


exileってあのエグザイルなんだけど、追放者もしくは流浪者の意。遊牧民だとnomad。そんで浮浪者だとあのマンガのタイトル、vagabond。まま、何と呼ばれるかは周りが決めればことなんでいいんだけど、間もなくそんな感じの状況に突入いたします。英語で書くとつやーな感じ(格好つけた感じ)だけどねー。


「自由でいいね」という人が3割程度、残りが「げ、何するの?(仕事は?お金は?の意)」って反応です。なるべく正直に気持ちを伝えたいんだけど、まぁー ほんと説明が難しいんです。「好きなことをやりたいから」というのが一般的に通用しやすいと思うんでそう言うんだけど、そういうとね「何やるの?」ってなるわけですね。そしてこの何?=仕事であるべき、っていう感じなんですよ、社会って。どっちかってーと修行なんですが、このニュアンスがまず伝わらない。(正直数名だね)


仕事でも趣味でもいいんです。熱中できることをやっていければ。(もちろん食えるかどうか、の状況だとこうは思えないけど)別に億あるから楽しんでいこー・・・とかじゃないです。真逆です。貯金があることと無法者?(日本の社会的で無いという意味で)であることは別ですね。お金があっても逸脱しない人は逸脱しないです。逆に億持つと逸脱しなくなると思います。貯めたお金より、常時何かを生み出せる体力・能力の方が重要ですよね。沢山お金もってても減るだけだと超保守的マインドで守りの人生だと思う。悠々自適やリタイアってことばはこの方向の言葉じゃないかな。


風太郎、よく言えば人生の夏休み、も人生で3回目なんでなんてこと無いんです。(このニュアンスもまた伝わらないんですが)不安じゃないのは不安じゃないから仕方ない(笑)なんつーか、経験しないとわからない。伝えようがない。(ちなみに初めて仕事の肩書の無い人生を送るのは大変です。しかももしそれが60歳の定年で初めて迎えたりしたらリアルに悪夢かも。) そんでね、仕事も面白いけど、どうしても定期的にバーンと山や海や野山に無計画に出たくて仕方ないんだよね。。。


「どっちかってーと修行」って書いたけど仏教や宗教の修験道に入るわけではないです。出家するわけでもないし、必要もないと思う(今日現在)。”ただただ自分自身の肉体や家族や記憶や繋がりのすべてを無くすことが確定してるから、何とかこの無常な時間を全うしてやろーじゃねーか”ってことなんですよ。そう実感しちゃった日が5年前くらいにあったんだよね。高速で運転しててそれは突然ドーンとやって来て、近くのサービスエリアで2時間くらい動けなくなった。・・・なので、出来るかどうかわからないけど、無意味でも、それでも向かうべき方向はそっちだよねーって。


どうせすべて無くしちゃうから、といってこの人生を投げれないですよね。なので何とか、投げ出さずに自分の思う方向へ移動するって感じなんですよ。世の中の清濁併せ呑みながら。そのためには熱中することかと。。。あー 少しでも伝わればいいけど。話すのは難しいのでブログはこんな時いーねー。予定調和なFacebookだとおおごとになっちゃう。


・・・この話題、浅はかなオレの頭では死ぬまでエンドレス。こうやって「無になっちゃうんだけど、どうする?」って考え続けるのがきっと人生なんだね〜