迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

さてと、今後の投資感

13,000円超えしてなんだか絶好調の日本の株式市場。多くの人が投資を始めてるようですね。オレ、10年まえ位に開始していままで初心者にありがちなことを沢山やって、”小さく稼いで大きく損失”というお決まりのパターンに入っていました。下がっていく株をうまく売れない、買う時期も見逃す、この2つが大きかった気がします。そして購入する明白な理由が乏しかった(自分の勉強が足りなかった)ということですね。勉強代はけっこう高かった(汗)


そもそも何で株・外貨に投資してるかっていうと、日本の銀行金利があまりにも低いため置いておくだけで貯蓄にならない。大手企業に一生いた訳ではなく転職を繰り返してるのでまとまった退職金なんて無い、60歳からの資金源を自分で準備しとかねばと40歳から始めてたんですね。もしうまく資産形成できればリタイヤの時期を60歳なんて言わず50代前半まで早めることができる可能性あるし。


前にも書いたけど、45歳でリタイア検証した1年間で、リタイヤ生活はそう楽でもないことが判ってる→夢のリタイア生活? - 迷わず行こうよ、行けばわかるさ・・・ だから仕事は続けるけど、お金の為に働く必要が無くなれば、お金にならない好きな仕事や、やるべきボランティアをできてまさに人生を濃厚に謳歌できる。カネがもつ強烈な拘束力から自由になれる唯一の方法。なのでこの数年はオレの人生にとって最重要な”カネという呪縛から自由への戦い”なのだ(大げさw)。


・・・話をに戻そう(笑) ここ10年の日経225、ドル、ユーロの推移です。日経平均株価が為替レートと連動して動いてますよね。思ってる以上に如実に。これってつまり日本の経済の良し悪しで左右されてるように見えるけど、実は逆で為替に連動して日経225が連動してると考えるべきだよね。ここ2ヶ月くらいの急成長(円安・株高)はアベノミックスの効果でしょう。

日経225 10年

ドル/円 10年

ユーロ/円 10年


2008のリーマンショックで即日資産半分になってからは、退職金が無くなったと思ったけど、地道に月給の一部でずーっとトヨタやドル建て・オーストラリアドル建て投信・日経連動の投資信託を小口で買い続けてきました。そしてその地味な投資がやっと13,000円の大台に来てリーマン以来プラスに転じています。過去の長いマイナスから開放された。 悩ましいのは今後どうするか? ドル高の誘導によって株15,000円、ドル120円に向けて連動して上がっていくのだろうと思ってる。105円を越えたらなし崩し的に120円行く気がしてる。


個別の株もその会社の内容や見通しも大事なんだけど、上の市場の推移がベースになるので、こちらが良くならないと投資が動かなるんで、どうしようもない。半年前に資金借りてでもやっとけば良かったが(笑)うーん、やっぱり今は買いも売りも様子見★★ 

あ、証券会社や銀行からの情報は鵜呑みせず自分の感覚でいきます♪


>2015.8.15 P.S
現在20500円台だね、この見方は正解だった!この5000円アップは大きかった。今後の動きはまた20000円前後で行ったり来たりしそうだ。(さて、今後も当たるか?)