迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

回復基調の実感あり

ずーっと単身だし、いつどこに行くか判らなかったので不動産も買わず、車も10年乗りついでるし飲食代以外に使うお金って登山用品と波乗り用品くらいで。で、ずーっと円と外貨で貯金してたんですが、確か5年前くらいからネット取引ができるってことで、経済にも強くなるだろうと小額で株を始めて、調子良かったもんだから・・・その後投資信託、債券追加し、持ってる貯金の50%は株と投信、残りの30%は外貨預金でした。・・・・そして・・・リーマンショックでド〜ン↓↓   この日の1週間前に依願退職申し出ててですね・・・(笑)


で、この時点で株と投資信託は半額になりました。で翌10月にこんなに日本の超優良株が下がるかってほど下がってたので(トヨタ等)、外貨を売却し、残りの手元現金20%とあわせて超優良日本株を買いました。


ずーっとそれ以降はジリジリと値上がりするも動かせない状況にあったんですが、昨年秋ごろ、CITIバンクのおにーちゃんから電話セールスを受けて何年間も塩漬になってるドル預金(涙の平均110円、つまり2割減)で米国の投信しては?とのことで、暇があったんで勉強して、良いかもと購入しました。


結果としては珍しく、1年前から日本の最優良株と日経連動の投信はだいたい20%〜30%UPしてます。米国の投信のほうもかなりUPしてます。ほぼ壊滅だったメイン銘柄BRICs - Wikipediaファンド(笑)も−30%まで戻ってきています。かなりの回復基調です。


日本全国の投資してた方はほぼこういう感じで回復基調だと思います。オレみたいなミニ投資家がこうですから、大きく投資してる方々は情報も早いしノウハウも凄いので。あとはドルが100円に戻れば、国中かなり活気ずくと思います。ミニでも日本株や投信に投資するのは、経済に少しは貢献しています。動かさねば回らないからです。


仕事(=ほぼ人生だったりする)の目的はお金ではなく、お金で買えないものが沢山ある(代表は時間!)と何度も書いてます。が、そういう風に発想するには安定した生活資金が必要です。一部の富豪の方々を除いて。なので生活の安定感があって初めていろんな思考と試行ができます。そういう意味ではとても大事ですよね。その意味で私の場合、残念ながら気持の安定感と自由度は日経225に確実に連動しています(笑)つまりおおげさに言うと「日本」に連動してるってことですね・・・。
気持は全部売却してこの連動から抜け出し、小さくて楽しい事業に投資したいのですが・・・とりあえずは頑張れニッポン、いや、皆で頑張ろうニッポン!チャチャチャ!