迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

あらら、オヤジ入院へ

昨日父親が造影剤を使った血管検査を受けた。造影剤の影響受けるかもなのでそのまま1泊2日の入院。夕方先生に説明を受けたら、さっそく手術に。頸の血管の一部が狭窄してるんだよね。血管の内側が石灰化してる模様。おそらくステント留置術 だと思われます。今日は手術をするための心臓の状態を検査するようです。

 

ちなみに担当くださる先生は以前、母親のでっかい脳の髄膜腫をきっちり除去していただいたんだよね。術後の経過は全く問題なかったので、オヤジも信頼を置いてる先生。オレも同意。ネガティブな印象なくて良かった。しかし、手術後の経過を診るため3週間も入院だって。おー長いなー。オヤジは今回の1泊2日人生で初めての入院なんだけど、次は10日から3週間だよ。そうとう嫌がってたね。

 

ただ入院してる周りは病気の人だけど、オヤジだけは予防処置だから全然元気なわけで。点滴してなけりゃ散歩でもできるし、コーヒ好きで茶店も入ってるし(スタバなら更に良かったが。飲めるかどうかは不明だけど)。でもアパート一人暮らしさえしてないから、病院に3週間もいるの相当不安な様子。すでに病院で検査入院するってことだけでも物忘れが1ステージ(もしくはそれ以上)ひどくなった。自信がなくなったのだと思う。同じ話をするまでの間隔が数分。昨日も「明日家に帰れるんかね?」と何度も聞いてきた・・・。ストレスが物忘れを加速させるのだと思う。できるだけストレスないようにしなきゃね。

 

まぁ毎日オレか妹でシフトで訪問だね、おれバイト(Airbnbの民泊運営代行の英語圏カスタマー担当)始めなきゃ良かったな。一週間はやければねー、バイト開始してなかったけどねー。担当の看護師さんが若い人で普段接してないからオレもオヤジも明るくなった。いつまで経っても男は単純でアホやなーと思ったよ。でもストレス緩和されるよほんと。オヤジは尿瓶で小をせないかんかったけど、あんた(看護師さん)がおるとできんとオレと看護師さん交代。やっぱ85でも恥ずかしいのだ(笑)良く分かる。

 

というわけで、そろそろ病院へ。

>PS めちゃくちゃ検査して1泊して支払いは3万5千円くらい。日本の健康保険制度に感謝。すごいと思うよ。

木を植えよう

ずっとブログを拝見してた小林麻央さんが旅立れ少なからず衝撃を受けた。そしてここ2日間でもう一度彼女のブログを読み返してみた。BBSに寄稿された文章の通り(→小林麻央さん、BBCに寄稿 「色どり豊かな人生」)時間的には短かったけれど濃厚で充実した人生。もちろん残念なことは当然なんだけれど。

 

そのあとTV報道でずっと植林活動されてたと知り、その真似というか何本か庭に木を植えたくなった。こないだ書いた昔アパートに置いてた観葉植物が30年後の今も元気に成長してるの見て相当嬉しく、安堵した(→あれから30年・・・)のもあってね、あ、木を植えたい~と呼応したんだよね。(主旨や規模は全然違うけどね)

 

何か生きてた証みたいのを残したくなったのだろうと思う。植物って生命の象徴だし、イコール=希望な感じがする。なんてか、植物はちょっと尊敬というか信仰に近い対象なんだよね、自然そのももだし生命起源みたくって。本当は公園とかに植樹が良いんだろうけどね、お金かかるし。それぞれ植樹の年月日を書いておけば1年でこんだけ大きくなったとかさ、20年後にどうなるか楽しみだったりするね。ちょうど隣にアパートできたので目隠しにも良いし。

 

さて、何を植えるかな。やっぱぐんぐん伸びる青年の木みたいのがいーよねー。

20年ぶりのテニス

30歳頃に身内で流行ってやってたテニス。約1年半毎週のようにやってた。今まで山登りをメインで遊んでたんだけど、九州ではもう登ってしまって登る山なくなって。波乗りもいいんだけど、宮崎まで片道5時間かかるから、おれそれとは行かなくなった。マラソンもフルを5回位完走したら走るのも興味なくなっちゃって。手軽にやることないなーと。

 

ここ1年半ほど運動まったくやってなかったので、それでゴルフの復活に続き、さらに手軽にできる運動しようということでテニス。当時はそこそこラリー出来たり試合も楽しかった。なのでまぁ、そこそこ打てるんじゃないの?と思って。(4~5年ぶりのゴルフもあんまり変わらず打てたし)で近所にいる友達に声かけて、昨日3人で2時間。

 

いや~参りました。空振り連発、足まったく動かず。打球は全部ボヨョ~ン。。。気持ちよく振れたのは1~2球だった。2時間で!しかも新品を購入して持ってきた友達のラケットを借りても同じ。つまりラケットじゃなく腕!酷かったな~マジ。情けなさすぎて悔しさも出ない(笑) しかしせっかくやり始めたし、市民コート1時間200円だし(ナイターで200円)、普通にラリーできるくらいまでは継続してみようと思う。

 

オヤジと暮らして1年経過

こないだ母の一周忌を終えた。ということはオヤジと2人で生活しだして1年経過したとうこと。もう1年になるか~と長かった気もするし、そうでない気もする。男ふたりで沈んだ感じもあったので、オヤジの気になる場所訪問の旅(大学時代の熊本、戦争遺産の沖縄や特攻隊の鹿児島、長崎の原爆など)をやったりした。もう行かないだろうし、これは良かったように思う。ドライブも好きなようだし。ほんとはパールハーバーも訪問予定だったけど遠いなと言い出して未定。

 

毎日おとこ二人顔を合わせて平和に過ごせるのは奇跡的なんじゃないかと思ったりする。うまく行ってる理由はひとえにオヤジの性格の良さゆえである。オヤジは決まったことしかしない(できない)ルーティン男なんだけど、高飛車に出たり感覚や生き方を押し付けたりすることが無いのだ。オレが一方的に動作や無意味な一貫性(効率がわるいと感じる)のにイライラするだけ。時に、◯◯すればいいやんと文句行ったりする。毎回反省。昭和一桁生まれの男としては、かなり寛大な考え方なのだと思う。

 

やることがルーティーン化(役割分担化)してることもプラスだろうと思う。オレが炊事と家の補修、庭管理など外回り。オヤジは洗濯と床掃除、ゴミ出し。洗濯なんかすげぇ律儀にほぼ毎日やるし、楽しみのよう。何故かっていうと干し方にもルールがあって、洗濯機終わって干してない時にオレがチャッチャと干したりすると、あとで確実に干し直してる。きっちり物干竿に腕とか通して。こだわりがあるんだよね。良いことだけど。

 

面倒くさいのは昼ごはんにしろ夜ご飯にしろ、いちおう何にする?と聞くんだけど、100%「何でもいい、お前がいいのでいい」となる。それが一番面倒なんじゃい~と思う。で、飯より麺が好きだから麺系統を作ったりラーメン屋やうどんに行ったりするんだけど、もう新しいものに勝負しないんだよね、常にラーメン、常にとろろうんどん(冷&温)。新しものトライ系のオレは何でもいいっていったじゃやんと勝手に天ざるとかぶっかけそばをオーダー。そうすると「コレうまい」とか言うんだよね。すごいことに85年間”天ざる”や”お好み焼き”(もちろんもんじゃも)、”ヒレのとんかつ”や”エビドリア”を食べたこと無かったのだ。。。もちろんフレンチはおろかベトナミーズ・タイ・本格中華など未だ食べたことないし、食べる気もない。

 

すげーねと本人に言うと、「子供の頃、芋のつるばっか食べた」という話。何度も。戦時中だったからね。好きなのはかぼちゃの煮っころがし(いりこ風味)とクチゾコ(下平目)の煮付、とうきび(トウモロコシ)。3種の神器なのだ。これだけは普段と違い貪り食うって感じなんだよね、勢いがある。要するにわかりやすくイージーで、味覚無く、寛大な人。しかもよそに女っ気ゼロ、浮気なんか考えもせず趣味もなくただひたすら学校の先生。75まで私立で継続したりして。(祖父が大波乱の女人生を送って自分と姉の兄弟ともに別々に里子にだされた苦い経験から半端ない真面目さなのだ)こんなキャラなら母親も楽だったろうと思う。反面つまらないのは仕方ないけど。母親はいつもそういってた。

 

まぁお互いなんだかんだ寝りゃ忘れるっていう脳天気な性格なこともあって言い争いみたくなっても長引かないんだよね、争い事を忘れちゃう。なんつーか、オヤジなんだけど友達っぽいというか、知り合いのおっちゃん的な感じなんだよね。まぁ、恥ずかしながら親友と言うべきかもしれない。一緒に映画を観に行くのもそういう気分なんよね。社会派の映画ではふたりとも絶賛するしね。ララランドを5つ星評価したのにはいい意味驚いたけど。

 

そういうわけで、オヤジが将来確実に居なくなると想像するだけで空間にブラックホールが出来ちゃって迷走しそうになる。月に1回くらいだけどね。もう、「備えよ」ってジェダイみたいな気持ちになるよ。それはもうひと段階シンドそう。。。運命をまっとうしようね、ってしか言えないし思えないよねー。

 

毎日一緒に何気なく日々を送ってるのも懐かしくなる日が来るのでしょう。地味でも健康的に、大切に、日々を送ろうっていうことだろうね。

 

 

一周忌法要

 

本日、母の一周忌法要を終えました。記憶もだいぶ薄れてきました。いい想い出だけを残して少しづつ記憶は彼方へ・・・って感じです。今日は最後の旅行となった島根への旅を思い出してます。最後になるかもなぁと思いつつ、そうなってしまいました。電車が大変だったんだよねー ななつ星とか瑞風とか豪華列車の前に特急を改善してほしい。どこ向いてるのかJR?と思う。トイレにも行けずだったよ→76歳の同窓会 - 迷わず行こうよ、行けばわかるさ 

 

話をもどすと、1年ぶりに正信偈(しょうしんげ)を一冊音読した。~に帰命せよ・・・のところは毎回考えさせられるね。(=拠り所を~に定めよ) すべての物事は変化・流転し続けるから、浄土真宗では阿彌陀佛に帰命せよとの意味のようなんだけど、どこに拠り所おくかね~って思う。(オレは太陽や自然が神っぽく感じてるけどね)なるほど、宗教があれば救われるっていうのが解る年頃になってきたね。昔からそれぞれが宗教を信じるのは自由だからと思ってたけど、他人事だったよね。何かを信じれば(拠り所を持てれば)無駄に不安を抱かないかなと。

 

しかしね、豆腐懐石の梅の花で法要向けコースを仕出し弁当(@4,000円)にしてお寺まで配達してもらったんだけど、超美味しかった。しかもおせちか?っていうボリュームで、半分は夜ご飯にした。美味しい料理はみんなを幸せにするね。ご飯て大事だなぁと思った。最近、とりあえずそこそこでいーだろっていい加減に考えてたけど(近くにないからねぇ)、反省した。

 

食欲に目覚めた一周忌とはどういうこっちゃ。。。