迷わず行こうよ、行けばわかるさ

何でも経験してみなけりゃわからない。やってみると先がみえるよね。還暦オヤジのダイアリー。

車の買い替え検討中③最終


先月末から考え続けてる車の買い替え問題・・・現在14万キロ弱の走行。今回、なんでこんなにバタバタ考えてるかっていうことに気付きました。

それはまずガソリン代が急激に上がっていて今後もおそらく170円レベルで安くはならないであろうこと、老後のリタイア期間のコスト削減のために、燃費を車選びの前提にしなければならないと思ったこと。

そして、同時に60歳目前の自分にとって、ラス前の車の選択(もしくはラストの選択かもしれない)であることをリアルに体感したこと。

この2つの要因が重なり合って、燃費が良くて+運転したい車に乗りたい、というけっこう難しい選択を目の前にしていたからなんですね。車にこだわりが無ければ燃費一辺倒で選択してそれでOKで正解なんです。そこに運転の楽しさとかを加えなければね。

田舎でも年上の方々が高級車(クラウンハイブリッドとか500万くらいする車)に乗ってるのを見てて、なんでこんな高級車を買うのかわからなかったんですね。年老いていく自分をカバーするように対外的な見栄なんじゃないの?・・・って思ってた。

で、今回の車選びの迷走で分かったんですね。あのおじさん方は見栄を張ってるわけではなく(一部そういうひともいると思うけど)、元来車好きで、元気なうちに好きな車に乗ってたい、ということなんだろうなと。「いつかはクラウン」みたいなね。70歳になるくらいで車両感覚がわかりやすくて乗りやすい軽自動車に移行するようです。(温泉で入浴してる先輩方談)

そう、自分の人生のラストと車の購入がオーバーラップしてるんです。そして多分、他に買うのもが何もないんです。皆さん家もあるし、子供たちは巣立っているし。だから好きな車の一点豪華主義。そういう流れなんだとハッっとしたわけです。(しかしリッチだなー日本のシニア層)

オレも買うもの、本当に何もありません。生活防衛とか言ってドルを買い、130円になったので一部日本円に戻したところでなんか買おうと思ったけど、買いたいものが何も無いのに気づいたんですね。せいぜいサーフボードか新しいテント、ランニングシューズくらい。10~20万円あれば買える・・・

あれ、なんだオレ、欲しいもの無いんじゃん・・・という発見、驚きのリアル。国内外の波乗りや山歩き旅行にお金を使いたい、それしか無いんですね。今はまだ自分が自由な時間管理ができないので無理だけどね。

こうやって、自分がお金を使いたいのは「海外や国内の旅行だ」ってことを再認識することができました。それで結果的になんだか焦ってた理由が分かったので、別に今、バタバタすることもないじゃん・・・ということで、総体的にエコだし、愛着もあり、まだまだ乗れる現在のスバル・アウトバックのエンジン回り+マウント等のほぼオーバーホールを注文しました。(人生初)

お金は自由に動けるようになった時に旅行に使いたいと思います。

2年後の車検時には、またバタバタするかも知れません。その時は「燃費」も大事ですが、「乗りたい車に乗る」ことを重視します。だってほぼラストチョイスだからね。ひょっとするとアウトバック「20万キロチャレンジ」なのかもしれません。

2年後に生活環境がどうなっているか?ある程度自由な状況の場合はキャンピングカー系でのサーフ・登山トリップ仕様になるでしょう。ということで今回は現状維持しておこうという判断になりました。