迷わず行こうよ、行けばわかるさ

45で帰郷。何でも経験してみなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたくなるよね

パンクだなと思いきや、、、

いやー ひえ~な1日だった。けっこうブルー。

 

曇りのち晴れの予報だったので、山に向かった。なんとか地図を頼りにたどり着いた登山口。しかし天気はまさかの雨。やる気なくなって帰宅。(ひぇ~1)

 

そうそうに家に帰って昼食後、オヤジと映画に行こう~と車に乗りこんだら、車がなんか斜め。う~ん、後輪がパンクしてる・・・(ひぇ~2)。

 

オヤジにゃ悪いけど映画は中止。スペアタイヤに交換してパンク修理しようとジャッキUPしてナットをはずそうとするも5本の固定ネジのうち1本がネジが固まってて外れず・・・仕方なく保険会社に連絡してレスキューを呼ぶ。(ひぇ~3)

 

幸い30分くらいで到着。状況説明するとボルトがダメになってるので、ボルトを折らないとタイヤはずせないとのこと。人生初のボルト破損。(ひぇ~4)了解してボルト折ってもらってとりあえずスペアタイヤをつける。

 

さて、折れたボルトを交換できるかディーラーと部品店に問い合わせるも在庫なし。最速で月曜入手ということでディーラーに注文。スペアタイヤは非常用なので、今日にでも修理に出しに行きたいところだけど、ディーラーには代車なく断念(ひぇ~5)。

 

とりあえずタイヤのパンク修理だけ先にしておこうと近くのガソリンスタンドへ。しかし、修理中に呼ばれて、修理してみたが、パンクさせた石(とがってた)が大きくて、修理不能とのこと・・・。まじか。人生初。(ひぇ~6)

 

友人のタイヤ屋さんに電話して今履いてるタイヤと同じのを探してもらうも、現在のタイヤは在庫無い模様・・・。(ひぇ~7)仕方ないので、違うタイヤをつけるかどうか、明日もういちど調べてもらうことに。。

 

しかし、自宅まで約50㎞、タイヤの空気が持ってよかった。これはラッキーだったよ。途中の山中で動けなくなってたら、レスキュー呼ぶのも大変でさらに面倒なことになってた(怖)


(教訓)

林道走ってるとき、石を挟んだな、とおもったんだよね。カチカチいってたから。降りてみたけど見当たらなかった。林道走行は要注意だね。林道行くときはスペアタイヤがあるかどうか、スペアタイヤに空気がはいっているかも確認しておいたほうがいいよね。

多分、タイヤのローテーションをしたときにボルトなめちゃったんだろうと思う。(レスキューの兄さんもそう言ってた)信頼できるところで行いましょう。したがって、多少不便で高くてもディーラー(か信頼おける店)に出したほうがいいよね。普段から適切な整備をしてくれるところで整備しておくってことだね。

車はとても便利だけど、故障したときにまったく動けなくなって、買い出しやらしなきゃだし、思ってるよりすごいストレスかかるねぇ。車持ちたくないよね。かといって、車がないと仕事も行けないし、話にならないからね。車がいらない都会はいいな、と思ったよ。田舎の弱点だね。