迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

新発見、貯金使えないで終わる気がする。

とーちゃんと暮らしてて確認できたことがある。ある程度の年齢が来るとお金使うことが無くなるのだってこと。車や家を購入しちゃうとあとはご飯代と身の回りの品々くらいのものなのだ。なんせ毎月の年金で事足りるから、貯金を使うまで行かないのだ。

 

オレはまだ54歳だから山登りしたいとか旅行いくぞとか思うけどね、多分70歳くらいでいったんやりたいことが無くなるんだと思う。美味しいものを食べようと思っても田舎じゃ値段も知れてる。量も食べないしね。現在、正規社員じゃなくてバイトしてるんだけど、すでに普通に毎月残るんだよね。飲み会が減ったりゴルフしなくなったからか。

今まで老後はどうしよう~って不安から貯蓄したり年金組んだりしてたけど、お金を使うなら今のうちだって思うんだよね、最近。頑張ってもおそらくまもなく体力も気力も少しづつ衰退していくので、したがって必要なお金も減っていくのだ。

このまま行くと、ひょっとすると貯金を使わずして終わる感覚が芽生えてる。多分、半分は甥に行くな、とかね。いいんだけどね、それで。

人生の残り時間が判らないから、生きちゃった場合に備えて、ってのわかるけど、お金を使うのも、いろいろなやりたいことを謳歌するのも今のうちなんだと思う。オレの場合は70歳として、それ以降は年金と病気の保険くらいにしといて、あとの預貯金は70歳までの15年で使ったほうがいいんじゃないか?と思えてきた。

ましてや70まで生きるかどうかわからないし、ちょっと前まで会社辞めて放浪したりしたのも自分のやりたいことを今のうちにと思ったがゆえ。でもその時はお金は使うのが怖かった。将来お金なくなったら困るなって想像してね。でも今は今使うべきなんじゃないか?って思ってる比率が大きくなってきた。

多額ではないけれど、とーちゃん(85)の貯金も一緒に管理してるけど、きっと減らないだろう。多分、家を改築したあと70くらいから変わってないんじゃないかと思う。どんどん使えば?というと、使うことが無い。車もあればいいって。(傷だらけ)そーかー、使うことが無くなるんだなと実感してる。

結局、いちばん大事なのはぐるっと巡って、「その年は楽しく生きたか?」とかそういうことだよね。その日その日じゃとても充実したなとは思いづらいから。本当は今日も1日充実したという連続がいいけどねー。

というわけで、来年はまた離職して遊ぼうかなと決意しかかってます(笑)間違ってるかも知れないのはいつものとおり。でもさ、間違ってるか正しかったかは後にならないとわからないよね。(もっとばっさりいうと、いずれ雲散霧消なわけで正解でも不正解でも意味があるかさえ不明だけどね)


結論としてはぼわっと老後は考えて、目の前の1年くらいを生きよう~って感じかな。今日はこのくらいにしといたろw