読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

光コラボ、面倒くさい。

 現在、光回線はNTT西日本、プロバイダーはSo-net、Wifiは自分で購入のネット環境なんだけど、何度も「光コラボ」にしませんか?安くなりますよ~っていう勧誘の電話がかかってくる。どこから番号を調べたのかわからんけれど。

 

で、今朝ぼーっとしてる時にまたこの電話がかかってきて、なぜかNTT西日本からだと思ってしまった。結果、NTT西日本のWEBで簡単に登録ができると促され、なぜか疑問を持たぬまま指示通り「転用承諾番号」を自分で発行して渡してしまった。あとで別の担当者から確認の電話がありますとのこと。(この時点でもNTTフレッツの割引かと思ってた)

 

そして2人目の電話。この人は現在のサービスの内容、変更後のサービスの案内をし、最後にちょろっと◯◯のプロバイダー契約になりますので、So-netさんは変更が確定後に解約してくださいね。と。メールアドレスはあるものの別にSo-netである必要もないので、「まぁいいか」と思ってそのまま申込をしてしまった。要はプロバイダーの代理店の勧誘電話に乘り、光コラボの契約をしてしまった、という次第。NTTフレッツとプロバイダー契約が一緒になることで割安になるというもの。確かにそうだ。

 

その後、考えてみたらモデムの設定をやり直したりするの面倒だし、やるならSo-netで同じようなプランにしたほうがいいじゃんと思い、キャンセルの電話をいれた。そしたら「ちゃんと説明しましたよね?」「遊びでやってるんじゃないですよ」と脅迫調の返答。あーやられたなーと思いつつ「すみませんねぇ、心変わりで」って何度言っても「理由を聞かせてください」「遊びではないんです」の繰り返し。こっちも「だからもしコラボ(NTTとプロバイダー契約の合体)をやるならso-netのほうが設定変更ないし楽だからですよ」と繰り返す。

 

押し問答が続いたが、最後には「ちょっと待ってください」と保留されその後「今回は申請を取り下げます」とのことで終了。たぶん、上司にこの人キャンセルOKかと確認してるんだと思う。

 

オレもぼーっと対応しちゃったことも反省だけど、もうね、面倒さかったのだ。いちおうNTT西日本とプロバイダーに相談したらプロバイダーは「まだお客様の登録情報はありませんので、何もできません」NTTからは「転用承諾番号をもう一回発行すれば元の番号での事務手続きはできなくなります」とのことなので、速攻で再発行して代理店に伝えた番号は無効にしといた。(これやってないとそのまま申請されちゃう可能性あるよね)電話だけで解約やプロバイダ移転ができるなんてやばいよね。

 

光をご利用の皆さま、NTTを装ったかのような同様のケースが頻発してる様子です。光コラボの勧誘電話にはお気をつけあれ。詳しいサイト↓

 

www.nubatamanon.com

 

あー面倒くさかった。