読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

やっぱり選択はシンプル

今日は炎天下のなか粉末コンクリートをこねて側溝のひび割れを改修した。こないだの大雨の時に漏れがひどくて裏の河に繋がる側溝からどんどん漏れ拡がってたのだ。気になって、いつやろうと思ってたんだけど、庭の草刈と伐採もだいたいカタが付いたのでついに着手。そんで汗みどろで作業終わってほっとしてたら気がついた。(やっぱり手を動かす身体を動かすってのは大事なのかも知れない)


ここんところ母が他界してからいろいろ考えつつかなり迷走してたんだけどね、だんだん頭がクリアになってきて、考えるべき問題はシンプルだって事を発見した。「このまま父ちゃんと実家で暮らすかどうか?」だけだったようなのだ。後はそれに派生する事柄だった。


YESの場合→実家から通える範囲で仕事を探す。この場合、当然ながら田舎町ゆえ「好きな仕事」より「近場であること」を優先しなければならない。福岡市は通勤するには遠すぎる。駅の側なら通えないことも無いけど、職場に近いとこに住みたい、住んできたという経験ゆえか。今まで「場所」を優先して仕事をしたことが一度もなく、初めての経験となる・・・。


NOの場合→福岡市や大都市圏、果てはリゾートや海外まで視野に入る。この場合は今まで同様「好きなこと、やってみたいこと」のみ考えての選択で、今までどおり。純然たる日本の会社より外資もしくは外資系の会社の方が性に合ってます。言葉ではうまく説明できないのだけれど、よりシンプルで気が楽なんですよね、オレにとって。言いたいことを発言してみて、ダメでなら仕方ないってのを素直に表現しやすいからかもしれないけど。


いちおう働かなくても何とか節約して生活すれば家はあるし、今までの蓄えでギリ行けないこともないかも?なのだけれど、災害にあって家が壊れたり何が起こるかわからないのである程度お金を得る必要があるのと、仕事して新しいの方々と(社会と)関わるほうが交流が増えて仲間が増えて思い出が増えるし。(→人生は出会った人との思い出でできている) 去年はデイトレーダーやってみてうまく行ったけど、何しろ自分だけの世界で交流なく楽しくなかった。(しかも今年は惨敗中)


で、今日のところ、コンクリートこねて家の整備をしてるくらいなので、きっと身体は(深層心理?)YESの判断なのだろうと思います。親父と一緒に住もうかなと思ってます。一緒にシフト組んで母ちゃんの介護した84の親父に一人暮らししてもらうのは耐え難いと思うからです。融通聞かないけどいい人だし、一緒に居る時間もそんなに長くあるわけでもないから。・・・ただ、今までただの一度も「好きなこと」以外してこなかったので、そして妥協したことほぼ無くて。かなりの困難が予想されます。


が、まぁ毎度おなじみ「迷わず行こうよ、行けばわかるさ〜」という事で「本拠地は実家」で行動を考えて行くこととします。柳川や筑後、近くに来られるときゃお気軽にお寄りください〜♪