読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも自分で経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

「キラーストレス」NHKスペシャル

社会


(↑NHKスペシャルサイトより)


前回エントリーの「時空を超えて」に続きNHKで超見たい番組。キラーストレスというのがあるらしいのだ。番組紹介から以下引用〜

物騒なキャッチコピーですみません。でも、これまで漠然と“体に悪い”と語られてきたストレスが、私たちの命を奪う可能性があることが、最先端の研究によって具体的に明らかになってきたのです。


脳科学や分子生理学などの研究が突き止めたのは、いわば「キラーストレス」とでも呼ぶべきストレスの存在です。 そこには人の体に「ストレス反応の暴走」を引き起こし、脳細胞や血管を破壊して、人を死に追い込むという詳細なメカニズムがありました。


“病の実態”が明らかになってきたため、私たちがリスクを食い止め、ストレスに対処する方法も、鮮明に浮かび上がり始めています。 ストレスが私たちの体にどんなことを引き起こすのか、そしてそのリスクからどうやって体を守るのか。2回連続でお伝えします。


ね?面白そうでしょう。知っておくべき情報だなー。「ためしてガッテン」には耳鳴り等いろいろと救われたし、NHKのこの手のシリーズは最高だなやっぱ。今週末18日・19日の午後9時からだよ〜 観るでしょ。


番組HP→NHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」


>6-18追記 番組冒頭の一部概略:
もともと狩りで動物などの恐怖にあった時に身体が動きやすくなるよう血圧を上げ、血液も怪我に備え固まりやすくなるようにするためにストレスホルモンを出すとのこと。ストレスが単一であれば良いのだが、複数になると暴走しホルモンを大量に出し自律神経も反応し間違えて心筋まで締めてしまい、血圧高い状況で心筋梗塞による突然死を引き起こすことがあるよう。

運動することにより、延髄の神経細胞数が減って自律神経へ伝達する量が減り、副腎皮質から出されるストレスホルモンが減少すりとのこと。運動が気分転換や筋肉に影響するのに加えて良いストレス対策になる。良いことづくめのよう。


>6-20 追記
第2回のまとめを書こうかなと思ったらまとめがあった→キラーストレス ストレスから脳を守れ ~最新科学で迫る対処法~|NHKスペシャル – テレビのまとめ