読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも自分で経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

「ディーン 君がいた瞬間(とき)」

映画


いつものCIEMAさんで鑑賞。この手の作品、オヤジは不得意なので単独で。ディーンはジェームス・ディーンね。「エデンの東」「理由なき反抗」の往年の俳優。彼と親密な写真家がベースなんだけど実話だと思う。すごくしっくりくる映画でかなり良かった。


<以下、ネタバレです。観る予定の方はスルー下さい>

ずっと彼が望んでいたこと、それは「I must go home (故郷に帰らねば)」だったのだ。きっと男性諸君には(女性にもだけどより男性に)しっくりくる言葉だと思う。何だかわからんけど概ね鮭みたく自分の故郷に帰りたくなるよね。彼は大人気スターになったばっかりで既にそう確信していたんだね。スターダムのど真ん中で「あれ以上に幸せな場所(故郷)は無い」と。


特に男性にオススメの映画です。評価額1500円