読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも自分で経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

懐かしのTOTO

音楽


(↑福岡での様子・TOTOオフシャルページより)


3月9日に福岡でライブを観てきた。TOTOって1980年代、オレらが大学生時代に流行ったAOR(Adult Oriented Rockの略)でロック、ジャズ、フュージョンが入り混じったサウンドが格好良く素晴らしかった。TOTOのメンバーは元々スタジオ・ミュージシャンでその頃の大御所のレコーディングやライブ演奏をしてたんだよね。


オレにとっては目玉はサウンド全体と特にスティーブ・ルカサーのギター。これは昨年のスティーブ・ルカサー&ラリー・カールトンバンドに続く2回目だった。


で、ステージ始まったら音は良いし、ステージまで3mくらいで近くだし最高じゃんと最初は元気いっぱい(ヒーハー!ッて感じ)だったんだけど、途中からなぜだか感動しなくなっちゃって。なんだこれ?ってくらい。スタンディング席で腰が痛くなってきて立ってるのが苦痛になってきたのもある、事前にYoutubeで聞きすぎた? うーん、よくわからない。ラリー・カールトン(ギタリスト)との共演の時の方が良かったなぁと思い初めていたのだ。 そしてクライマックスではアフリカなど有名な曲、それでも何だかうわの空・・・


3〜4ヶ月前にチケット買って、気合入れてライブ行ったのにこんな感じになったのは初めての経験。思うにAORでもボズ・スキャッグスよりの大人なサウンドが聞きたかった?のかもしれない。Gorgy Porgyというスローな曲かかったんだけど、実はそれが一番良かったし感動したのだ。ポップな曲がどうも?って感じかなあ。よく判らんけれど、かなり不消化のライブとなってしまいました(汗)


誰かこの症状になったことある方、教えてください。


ところでマイルが期限切れになるので那覇に来ています。なんだかんだで毎年うりずんのシーズンに来とります、、。で、朝起きてから今日は311だったと気づき、こんな日に予約してたかと。あれから5年経つんですね。あの日はシンガポールだったな、そういえば。皆さんにより良き未来が訪れますよう。