迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

西穂~奥穂に向けて

f:id:k-surf:20150712105104j:plain

 

去年9月のスイス・オートルートの2週間登山以来、なんだか山登りに満足しちゃったのと家族の介護で山に行ってなかった。そんで、こないだ久々に近くの里山3時間でへたばってしまったので、あーあーまずいな~ って思ってるところに、なんと地元の友達が西穂~奥穂の最難関ルートに一緒に行きたいとのことで(オレがすげぇよ、ココいーばいと連呼してたからだが)、これはちゃんとしなきゃマズイとトレーニング再開しています。

 

来年8月~9月中旬のタイミングです。友達の都合だとおそらく土日祝日の組み合わせでもっとも込み合う時期。ま、でもこのルートを行く人は限られてるので西穂高までの往復路は混雑するものの、西穂から奥穂まではそんなに混み合うこともないでしょう。いちおう世間の休みより1日手前か後にずらす予定。概ね8時間くらいかかるコースでずっと岩稜帯で途中に水場も、ましてや山小屋もないんですよね。でも景色は相当良くて憧れのルート。こんな感じで素晴らしい→奥穂高岳 ジャンダルム 西穂高岳

 

ここは奥穂高に行った時に、奥穂高から下降してジャンダルム(奥穂高の近衛兵の意味)に行こうとして、とんでもない崖に感じて中止したんだよね。こんな感じ↓

f:id:k-surf:20161129202743j:plain

どやって降りるわけ?・・・ここは馬の背と呼ばれる両側スッパリの尾根の最後部分。何mか判らないけど、崖としかいいようがない。(降りた人の記録を読むと、なにげにここを降りれるらしい・・・汗) と、ジャンダルムを目の前にして撤収してしまったのだ。涸沢~北穂高~奥穂高まできたからいいかと思ってね。 しかし、6年経った今でも色あせなく、どうしても行きたいんだよね。前回の様子→2009-08-20

 

というわけで、2日に1回8kmランを再開しています。大事なのは”軽さ”と”下半身・体幹の強さ”。当時の記録を見たら、68kgくらいだったので現在の74kg→68kgへ、とりあえず6kg絞っていきたいと思います。同時にハーフマラソンを再開し、夏までにはもう一度フルマラソンを走れる身体にして望みたいと考えています。がんばろーっと。