読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも自分で経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

76歳の同窓会

ライフスタイル 介護


15日〜16日、母親(76)が同窓会に参加するということで島根の松江まで随行。露払いというか、要は添乗員だね。荷物持ったり切符手配したりね。リウマチで足が良くなかったりするから。行きは新幹線+特急スーパーおきで行った。これがねー何がスーパーなのかわからないけど、全然快適じゃない。2両編成のディーゼルで音はうるさく、横揺れも凄い。1両目と2両目のつなぎ部分が激しく揺れるため、足の悪い母親は2両目にあるトイレへも行けなかった。(1両目が自由席、2両目が指定席)指定席にすればよかった。調べてなかったこちらも悪いけどね、まさかトイレににも行けないとはね・・・。


松江のホテルに一泊し、同窓会は16人の参加だった模様。76歳の方々で各地から来られてた様子。東京の体育短期大学の同窓会なのでみなさん健康で活発な方々だったよう。各々は体育の先生だった方々で、デイケアに指導で行ってる方は居たものの、デイケアに通ってる人は母親だけだったそうw(もちろん随行を伴うのは1人だけだった)朝食の時に同窓の方々にお会いしたけれど、みなさん快活な様子だった。すごい。


東京の短大出てるっていうと何やらお嬢様的な感じがするかも知れないけれど、全く違っててね、母親は4人兄弟(兄1姉1妹1)で、家族は満州からの引揚者。兄と姉は幼い頃から丁稚奉公、母親と妹は扶養できないからということで養女となったんだよね。養女にしてくれた家庭が銀行員の家庭で転勤で東京に行ったから東京で高校と大学を過ごした。(オレにとっても大変ありがたいことである)そういうわけ。そういう話も聞いてるからさ、まぁ、楽しく過ごして欲しいわけですよ。まともに育ったオレとしては。信じられないよね。(母親の生い立ちだと普通ヤンキーになるだろう)


ともあれ無事に過ごし、2日目は朝食後に松江城(最近、国宝になったらしい)の麓まで友人方と散歩してきた模様でそれから福岡に戻った。帰りは松江→広島を一畑バス、広島から新幹線で帰ってきた。超快適だった。(行きがけは海も見れるし、ということでスーパーおきだった)なんだよ、全然快適じゃん〜


なので、福岡〜松江間は新幹線+バスをおススメします。片道約14,000円。出雲大社もしかり。飛行機も飛んでるけど、倍額になるからねー。


それにしても76歳での同窓会開催があるのは凄いよね。オレ、なーんもないもんねぇ。小学校〜大学含めて。小学校の同窓会が企画されようとはしてるらしいけど。。。母親、健康に過ごせて楽しそうで何よりだった。


>2016.10.24 PS
この旅が母との最後の旅行となりました。肺癌だったのでそうなるかも知れないとは思っていましたが。切ない。。。