迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

インターネットと男子の草食化

昨日、地元の後輩女子との飲みに行った。焼き鳥→BARの選択肢なしのワンパターンだ。で飲みながらいろいろ話してたら、


「今の若い子(男)たちはSNSで友人関係があることで友達とコミュニケーションが取れていると思って恋愛も含めたリアルな活動がどうもこじんまりしちゃって、それで草食化してるんじゃないの?」って話してた。(多分。酔ってたので曖昧だがそんな感じ。)


確かにそうなんだろうな、と思う。ちょっとした知り合いを含めて数百人と繋がってる(か、のような幻想)と思っているのかも知れないのは良く分かる。オレだって200人くらいFBには居るけど実際に電話して会って御飯たべるのって多分10分の1くらいの20人くらいじゃないかな。SNSで広く繋がったけど、その関係性は非常に薄いよね。いざというときに連絡先があるのは便利なので別に悪いことではないけれどさ。(*草食化が本当かどうかは判らないが、本当らしい→草食化


でね、おれ「男子の草食化の最大の原因」はね、断固な理由があると思っててね。それはネットによる無修正アダルト画像や動画の見放題化が大きな原因だと思ってるんだよね。男はこういう動画は必ず探して観るように本能から指令がきてる。オレらの時代はいわゆるエロ本とかしかなかったし無修正でもなかった。郊外の自販機に深夜こっそりと買いに行ったりしたのだ。そのくらい”女体は神秘だったし、未知の世界”だった。(初めて実際に経験するまで)ビデオがでた1985年頃は感動したよね、動画だって。男達がみんな10万円位だしてビデオ機を一斉に買ったのは間違いなくAVビデオを観たいからだった(本当に一斉に買った・・・笑)


ところが今や携帯でも何処でも無修正でタレ流される始末。もう未知も神秘もあったもんじゃなくオゲレツなのも何もかも全部出てる。最初はすげぇと思ったかもしれないけど、あんな動画を観てたりしたら(しかも脳の指令により確実に見続けることとなる)、もう女性の身体にウンザリしてエグくて嫌になっちゃうんだよ。見ちゃいけないものを見続けるこによって幻想を全く持てなくなったんだよね。女性の神秘って感じのさ。エグいリアルの女子に幻想を見れなくなるんだよね。男ってこいういのに敏感な生き物な気がするんだよね。そうじゃなくガンガンリアルも行くでぇ〜ってのも20%くらいいるかもだけどさ。


小さいうちからこういう環境に居るからリアルな女って生き物に幻滅するし、おそらく嫌悪感さえあると思う。こんなんしたくない、と思う(しなくても良いんだけど未経験ゆえ判断つかない)。なのに脳の指令でまたエグいのを観に行っちゃう。だから自分にも女性にもうんざりしちゃって当然草食化するのだよ。そしてそんな多感で敏感な時に肉食系女子(とされる人達)から草食NGみたいなダメだしされちゃったりして最悪の気分なんじゃないかと。


以上がオレが思う若手男子の草食化の理由。全くデータではなく個人の案ですが、けっこう当たってると思うよ。 男子ならうなずけるハズ。もはや見れなくするのも困難だろうから、草食化はどんどん続くのだ。だから解決策としては動画なんか見ず、彼女を作って彼女といろいろ発見しながら楽しむことだろうね。彼女居ないならアホになって街でナンパしてみる(笑)この経験は後で社会人になってから営業の新規開拓にとても役に立ったし(汗) 世間であんまりこの意見が書いてないから書いとくことにした。きっとそうだよね〜って思える人が多いはず。


ここまで書いて思ったけど、お金が無いのもあるよね。自分の28歳頃の経験を思い起こせば借金してたので使えるお金はタバコ込の1日800円だった。(借金は海外旅行代=勉強代だって考えてた)だからいくら気にいっててもデートしようと誘えなかった。飲みに行くくらいの金は無いとダメだねー。そういうことなのもあるのだろうね。間違いなく。で、あんまりない予算を何に使うか?って時に、デートして実際に行動するより確実に安定して楽しめるネット系に行くのだろうと思う。自分のペースだしね。そんでまた余計にわかなくなって草食化を進めるってことなんじゃなかろうか。


IT革命はバーチャルな新しい世界をつくりだしたけど、同時にリアルな世界に草食男子の出現を創出したんだと思う。