読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも自分で経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

乙姫の正体

ライフスタイル 仕事

朝6時起床、18時帰着の日々を送ってます。立ち仕事なので大浴場で風呂入って晩御飯食べるともう眠たくなります。だいたい21時には寝てしまい・・・。規則正しい生活でよく眠れるのだ。そして毎日よく夢をみてる。肉体が疲れてると夢見るんだね。面白いね。


・・・で、早く寝過ぎたせいもあり深夜2時に目が覚めてこれ書いてます。こないだ書いた浦島太郎(ってか玉手箱開けたな)の話の続きなんだけど、今日は話を遡ってついに乙姫殿が登場したのだ。あぁ、設定はこのひとだったのか・・・。そういわれればそうだった。数年前のことなんだけど、やたらに懐かしく感じる。姫はいまいずこ〜って感じ。


考えてみれば男性ホルモンが薄いっていうか、狩猟性が足りないからか、いざとなると抱え込むのが面倒になるのか、オレは今まで何度も乙姫殿を見過ごしてきてる。よーく判った。いや、なるほどー。さらに考えると、乙姫の邪念(呪縛?)から逃れるために今、プータローしてるのかもとさえ思う。収入が無くなればほぼ乙姫殿の対象外となるから。シンプルになる。その分、現在プータローなのにオレに興味もってくれる女性の方々には感謝してるよ。(男友達はだいたい不変) 友情を感じる。これも断捨離(踏み絵とも言える)の一環だな。


・・・ということは、「無職になれば本当の友達が見えてくる」のだ。やってみれば?金の呪縛と良くわからん友情の弾丸断捨離、最短コース(笑)


なお、気のせいかもしれないのはいつものこと。