迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

1回辞めて55から働くってどう?

ここにおいでの方はご存知の方が多いと思いますが、現在51歳、無職(時々バイト)の日々を送っています。50歳を越えてから「いつ死ぬかわからない感」をリアルに感じるようになり、昨年離職し海に山に遊んでみています。(→現在までの要約) ひとえに独身だからということが大きいだろうね。自宅があるのも有り難い。ちなみ、毎月の必要経費は家に入れてる食費や年金、税金、健保、生保、週一の飲み入れてだいたい15万円程度です。(旅費を除く)


で、以前書いたんだけど、だいたいオレの残り時間は平均値で考えて残念ながらあと28年なんだよね。昭和40年生まれの統計数字から考えると概算平均値の生存年齢で80歳くらいが目安。(ご参考→75まで生きる確率)。 だから、あと28年。リアルな平均値だとそのくらい。最近、厚労省の70歳まで働こうキャンペーンがだいぶ浸透してきたけれど、その後も10年も生きちゃうのだ。(健康かどうかは別として)


そんでね、去年7月から9ヶ月間遊んだ経験から考えるとね、あと1年もこの生活をすればかなり思ってたことを実現できます。それに一緒に遊ぶパートナーが居ないと一人遊びには限界が来ます。人ってどうも共感しないと面白くなくなるんですよね。楽しさの振り幅に限界がくる感じです。夫や妻がベストだろうけど、そうでなくても男友達でも女友達でもOKです。 海外放浪でも何でも、要は一人じゃないほうが楽しいってことです。だから60でも65でもいいけどリタイアしたって一人で楽しいのもすぐ限界が来ます。そして社会と関わりたくなり、結局働くことになりますね。企業や団体で働くことが一番友達も作りやすく楽しいから。


それと、51歳で40歳とは大きく体力が衰退してるし、おのずと精神力や集中力も落ちてきてます。これで行けばね、10年後にはかなりやる気が落ち、やりたかった事もやらなくて良くなっちゃうよ。経験してるから間違いない。若い頃から思ってた世界一周放浪の旅なんかも、もはややんなくて良いかな〜と思いだしてる。バックパッカーもだいぶ疲れてきた。(50代の方、解りますよね?)同居してる70〜80歳の両親に至ってはもはや海外はおろか1泊2日の温泉旅行さえもう行きたくないと言ってて、移動範囲は20km圏なんだよね。マジで。


・・・で、提案です。体力の衰退(=精神力の衰退)、社会での労働経験と満足度、生存率を考えて50〜53歳くらいで一旦離職し、2年間遊ぶ。そして55歳からまたずーっと働く。時々海外旅行でもしながら。もちろん収入は普通に考えるとガクンと落ちます。だいたい半分以下でしょう。(維持する方策は参考書読んで自分の売り方考えよう) でも、オレみたく長期の山旅とか海外放浪とか体力使う遊びをやるには体力的にそろそろ限界です。タイミングを逃せば一生もうやらないまま終了するでしょう。収入ダウンとは比較出来ない。いつやるの?「今でしょ」だよね。


・・・ただ、やらなくてもやりたく無くなるけどね、そのうち。どんどん欲を手放していく。だから、どっち転んでも満足する仕掛けになってるんだけどね、どうも(笑)