迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

75歳まで生きる確率

今日は24歳年上の母親の75歳の同窓会(小学校)だったそう。話を聞いていたら、だいたい半分の方が他界しているようとのこと。75歳で半分なんだぁと思って、実際はどのくらいか調べてみた。そしたら、昭和40年生まれの男性の場合、65歳まで生存する確率は約70%、75歳まで生存する率はぐっと低くなって40%。そうかーそうなんだ。80歳オーバーまでなんとなく生きるような気がしていたけれど、40%となると難しい気がするね。あ、ということは年金受け取り開始時の対象は70%の人なんだね・・・。(資料元→厚生労働省資料) 


もちろん、いつ何時どうなるかわからないから、こういうデータをどう考えるかは?だけど、半分の人がいつ寿命が来るか?の確率を思うと現在50歳くらいの人は65歳〜75歳の間、70歳が妥当かなというのが期待値ではあるよね。・・・ということはあと15年〜20年ということですね。なんとなく80歳以上生きるんじゃないかと思ってたけど、それは妄想でリアルではないね。したがって、やっぱり日々是好日だね。日々、思うところを実行し(好きな仕事ややりたいこと)毎日を味わえるように精進精進。


>表の見方を間違っていました! すみませんm(_ _)m 平成22年に男性が75歳まで生きる確率は72.1% 90歳までが男性22%でした。これを参考に考えると、平均的な寿命は80歳前後だね。めっちゃ長生きするやん・・・まじか~医療保険を生涯のやつに入りなおさんといかん~(汗)