迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

LSDで考えた。


昨日は柳川からみやま市清水寺までラン&ウォーク。片道約15km。天気良かったし、週末の日曜に急遽友達の代理でさが桜マラソンに出走することになったから。まったく練習できてないのでダメもとで1回身体に負荷をかけておこうと思って。身体は負荷(刺激)に対して素直に反応して強化してくれるんだよね。忠実でよろしいw これで当日までは体力温存するため今日から休息です。


あ、表題のLSD(ランニング用語かな)はLong Slow Distance の略でゆっくり長距離を走ったり歩いたりするトレーニング方法です。サブ4(4時間を切ること)などタイムを目指す方以外はこのLSDでトレーニングですね。タイムを狙わえる状況でない、完走目標の私はほぼこれのみです。


で、約2時間半で清水山中の清水寺に到着。お参りしてぼちぼち帰ってきた。この頃には疲れと空腹でぼーっとしてきてて歩きながらも違うこと考えてる。いわば瞑想のような状態に入ります。日常とか社会性とか欲望などの雑念がふーっと消え去るんですよ。波乗りでも同じで海の上で波に揺られながら瞑想のような感覚に入ります。オレ、波乗りや山登りでも同じような状態に入れるので、それも楽しみなんだね。30年近く波乗りしてるからか、この状態に入るのも容易なんだよね。ジャンキー? 経験者ならわかってもらえるよね。


この状態になると、けっこう閃くんですよ。これが大事だよねってこと。最近体感したのは、波乗りの時に波と一体化(海と?自然と?)したような感覚で、これでいいんだよっていうこと。自然との一体化を目指せばいいんだってこと。海外出張で忙しく移動してる時も同じように雑念から開放されるから、同じように閃きの体勢になるよね。国内だとなりにくいね。貪欲な日常に捕まっちゃってる。なので国内で瞑想の感覚にはいるには、単独で長時間・同じ動作の身体作業を繰り返すといいんだろうなと思う。あ、四国の霊場巡りも間違いなくコレだと思うよ。(オレ、考えてみるとこの作業ずーっと繰り返してるねぇ)


で、昨日のLSDでグっときたのは「人生って人生ゲームじゃん」ってことでした。人生ゲームの盤の上を歩いてて、岐路の選択でコースが決まる。イメージは自分を俯瞰して上から見てる感じ。ゲームにはGoalがあるけど実際のGoalは死だよね。なので昨日想像したゲーム盤のゴールはDeathだと直感したけど、勝手に速攻でヤシの木マークのparadisoにすぐイメチェンしたよ(笑)