迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

50歳時の生涯未婚率


えーっと未婚率についてはさ、以前書いたんだけどね(生涯未婚率・・・)、インパクトある資料なのでもう一度おさらい(笑)


これ、2010年の50歳時の生涯未婚率で、男は20%が未婚、女性は10%が未婚だね。男は5人に1人が結婚しない。そしてさらに重要だと思うのが、

実は男は35歳を越えて結婚した人はたったの3%。(引用元→J-Cast News

こっちのほうが大事だね。つまり、35歳までに結婚しない男はもう結婚しないのだ。・・・そして女子は2%とさらに低い・・・ちなみに40歳越えたら、、、男女とも0.1%とかもう1000人に何人かっていうほぼゼロ状態w あらら、オレも35歳時点でほぼ終わってたんだねぇ。知らなかった(笑)


だからさ、ここをご覧の未婚女子の方(いや男子もだな)、もし結婚をしたいと考えるならば、お相手は初婚なら33歳くらいまでにして、35歳越えた人を相手にするには、離婚経験者を選ぶべきです。あの人いい感じ〜に見える35歳オーバーの未婚男(女)が居ても、きっとコイツは無理だなと踏みましょう(97%の確率)。これはオレの私感ではなく、データですw 推移はこのまま加速していって、男性はすぐに30%、つまり3人に1人は生涯結婚しなくなるという状況みたい。(2030年時点の予測)


何故か?・・・これってよくレポートなんかでは、給料が少ない、非正規社員だからと経済的に厳しくなるなか、加えて女性の条件厳しくなった→3C結婚の条件とかっていう理由がメインてことになってるんだけど、なんか違和感あるんだよね。昔だって3高(高学歴・背が高い・収入が高い)ってあったしね。


まずもってここ20年で5%→20%に急伸してるから、社会変革にともなった大規模で、本質的な動き、だと考えたほうが良いよね。90年代より将来が不安になってるのは間違いない思うけど、人間の本能はそのままだし(いやそのままじゃないかも?)、この急伸ってかなり大事な指標だと思うんだよ。なんせ人間にとってかなり大事な部分だと思うから。(未婚のお前がいうなーっつー話だけど逆にそう感じるw) でも20年後の日本ってどんな?っていう予測に直結してる気がするよ。そのうち半分が結婚しない、とかね。まぁ女性のライフスタイルの変化は確実だと思うからそれは大きな要因だろうけれど。→第3節 女性のライフステージと就業 | 内閣府男女共同参画局 (多分、女性が別に結婚しなくてもいいんじゃない?って思い始めたんだとオレは思う。)


あ、ということは、どうしても結婚したい場合、付け焼刃の対策としては 後先考えず”とりあえず30歳くらいまでに一回結婚してみる” って感じでいいんだ。2人で住めば経済的にも生活費用は少なくなるし。失敗しても一度結婚してると未婚と違い2回目のチャンスがあるからさ。(コレもお前がいうな、って話だけどねw) それくらいの感じのほうが良い結果でるよね?多分そんな感じなんだと思う。(暴論です)


だいたいオレらの頃ってさ(昭和38年生まれ)、妙に”愛”とか強調されてた時代でさ(愛と誠じゃないけどさ)、結婚=愛=運命=お互い確信、みたいな構図で、余計に神妙に考えすぎてたんだよねw そんなこと誰だって確信できないのにね。どうにか何か確信できると思ってたんだよねぇ・・・(苦笑) もっとお気楽にチーム組んで人生を進んでみよう、くらいで良いんだと思う。同級生諸氏もご子息には30歳メド、いや時代は加速するから28歳くらい迄には女子とチーム組んで進め、とご指導されては? そんで28歳時点でまだ”運がよければねー” とかいう感じだったら、、、時すでに遅しかと。


私の場合の”なぜ結婚せずに今日に至るか?”はこちら→恋愛と本能


合掌・・・チーン


・・・というかですね、よくよく考えてみると子供を育てることを考えない限り結婚する必要ないんだよね。逆に言うと、家庭を作って子育てをするぞっていうマインドが無い限り婚活しても意味が無いよね。もはや恋愛である必要さえ無いんだと思う。今さらだけどね。


関連本がたくさんあるよ。自分が興味あるから読んだけど、為になったな↓

おひとりさまの老後 (文春文庫)

おひとりさまの老後 (文春文庫)

おひとりさまの終活―自分らしい老後と最後の準備

おひとりさまの終活―自分らしい老後と最後の準備