迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

未来の働き方を考えよう・・・すごい本です。

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる


友達女子から以前紹介してもらった社会派ブロガーちきりんさんの本。これぞ教科書。感じていたけど文章に出来なかったこと、思ってたけどその先に考えが行かなかったこと、なんだかモヤモヤして気になってるけど理解できなかったこと、、。そんなこんながこの本一冊に入っています。表装の雰囲気はなんだかほんわかーな感じなんだけどね、中身はバリ充実、真剣な発想転換の提案です。著者のちきりんさんのブログは→Chikirinの日記


中身を書きたいところだけど、版権もあるでしょうし、怒られるかもなのでひとつだけ(いいのか?)。

リタイアや100年になるかも知れない人生の長期化へのリスクを考えた場合、「ストック型からフロー型へシフト」。今までは出身校や肩書きや財産や資格、人のネットワークなど過去に手に入れたストックが重要だとされてきたし、実際有用だった→今後はその時々に自力で社会に価値を生み出せる人、つまりお金を生み出せる能力。ストックを多くもつより常時生み出せること。


オレみたいにリタイアに備えることを考えるとすぐに投資信託したり年金保険増額したり、貯蓄の方向に考えてしまう。しかしね、仮に桁を増やしたところで、そんな後ろ向きな生き方では不安は消えず、自力で価値をその時々に生み出さない限りダメってことだ。(実際お金あっても幸せ感がなかった経験もしてる) ほんとアッタマ良いんだよ。・・・こんなん読むとブログ恥ずかしくて辞めたくなっちゃうぅ〜(笑)


30代〜40代の方に是非読んで欲しい。そして自分のためばかりじゃなく、子供達のために。未来を生きる少年少女のために。


(発行元様・著者様もし不都合ありましたらお教えください。すぐに削除致します)