迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

海外に居て思うこと。

こないだの休日にシンガポール初めての同僚を連れてマーライオンを含め市内観光バスに乗りました。このバス、1日SGD23ドル(約1400円)でオープンの2階建てバスで3つの観光路線に乗り放題で、どこでも乗下車可能で便利です。もうかれこれ5回目のシンガポールだし、おおむねガイド可能ですw それとシンガポールスリング(カクテル)で有名なラッフルズホテルのロングバーやカジノやインド人街、チャイナタウンも行きました。で、もうほぼ行くとこ無いんだよねぇ〜。植物園もあるけど誰も興味を示さないしねー。なんせ縦20数キロ、横40数キロのちっちゃい島なんでねー。。。


もう個人的に飽きちゃった感があるので、観光地情報を日記にupするの止めときます、面白くない(笑)


で、海外でやっぱり感じること。日本で曖昧に感じてることが鮮明になる感じがあるんだよね。


・やっぱりアジアは活気がある(日本はのんびりというか、あきらめムード)


・日本は単一民族で言語も一緒。あ、うんの呼吸のコミュニケーションは最高。しみじみ日本語は良いなと思う。(・・・何でも言葉で表現せねばならない英語を話すのが面倒くさくなってきてるのかな。)


・オレ、先祖はインドネシア系かも・・・インド人街では周囲にまぎれるらしい(笑)


・男ってやっぱり家族を持って、家族の為に働き家族を維持し続けることだってこと。その隙に息抜きにちょろっと遊んだり趣味に興じたりするものなのじゃ・・・。こっちの連中、みんな必死に働いてる(オレ仕事や趣味重視で180度逆転してる)みんな偉いなぁと思う・・・と同時にそうでなきゃ人生やってられない。うーん。。。


あ、全然話違うけど、同僚のエンジニア氏に英語をいか習得していただくか?をプラン立てて実行いただいてるんだけど、こないだ英検のテストだった。で、小学生に混じってひとりだけオッちゃんだったらしい。(初級レベルだから周りは全て小学生、いわば自分の子供と一緒w)
周りからの熱視線に応えて、「あのさ、いくつん時からやってんの?」と小学生に話しかけ、「4歳からです」「すっげー」とか笑わせたり、何とか周りに受けよう!としたって。すげーなーと思った。
そんで「オジサン、貧乏ゆすりすると頭回るらしいよ」とか小3に助言してもらったらしい(笑)・・・返しは「でもねー、オジサンさー、頭回っても頭に何にも入ってないから出てこないんだよねぇ〜」とかいって周りに受けたらしい。 クスクスみんな笑ったらしく、勝った!と思ったって(爆)。
試験には多分負けてるけど・・・。しかし、さっと小学生と友達みたくなれるのは天性のコミュニケーション能力の高さだと思う。英語も大丈夫だと感じた。この話、面白すぎるのでまた書きますwww