迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

人工サーフスポット・・・

東京のサーフ仲間のGaryくんから「これ、すげー。日本のビーチはどんどん砂がなくなっているので、環境の法律わからないけどいいよね〜って」これは人工的に砂袋など自然にちかい素材を使用して海底に浅瀬を段階的につくり、美しいブレークを人工的に造り出す方法です。うーん、確かに面白いアイデア
詳しくは http://blog.asrltd.com/multi-purpose-reefs/
サーファーは自分たちでポイント作れればと昔から夢見てた。インドなんで簡単に行けないけど、やっぱみんな同じようなこと考えるもんですね。何でもない普通のビーチ(うねりを受けるポイントであれば)を有名なサーフスポットに変えれますね!しかし、、、日本のサーファー数は100万人と想定されているんですが、わざわざきてくれるか?を考えると九州で1箇所なら行けそうな気もします。むしろ経済面よりも漁業の問題、環境保護の問題のほうが重要ですね。房総や宮崎などサーファー・フレンドリーな地域は可能性高いですね。