迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

高校で習ったと思うけど・・・

祗園精舎の鐘の声・・・
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色・・・
盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず・・・
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ・・・
偏に風の前の塵に同じ。

もう何年も前からこの平家物語の冒頭の言葉が頭の芯に入っちゃって。捉まっています。Blog等自己紹介欄での好きな言葉はいつもコレです。2度勤務してる会社が消滅し、会社を転々、山と谷のある今までを振り返ったからか、ものすごしっくり来るんです。

勝手に分析すると、この4つの文章(・・・を付けて8つにしたけど)振って落とす、振って落とすを4回繰り返えすんです。祇園精舎の・・・と素晴らしく麗しい前文でそこはかとなく盛り上げておいて「諸行無常」「盛者必衰」「春の夜の夢」「風の前の塵」とリアルな現実を突きつける。オレ、たったの4行でこんなに参りましたっての、これだけかもと思います。

オレが変なの判ってます(笑)でも、賛同する方も居ますよねぇ〜
・・・・多分、その人、男だと思う(笑)