迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

ランニングあれこれ 〜ランナーズ・ハイ〜

日曜に備え、ここ4日間で10km 20km 10km 15km と走りました。フル走るにはこれでは少ないんですけど・・・(汗) 疲れを取るため今日からは体操程度で当日までは休息です(ほっ) 寒い時期に走るのやっぱ辛い。でも走っておかないと当日辛い。出走、止めとけばいいんですけどね(笑)


で、昨日は走る前に風呂に入って水をたっぷり飲んでから走りました。やっぱ調子いいです。15kmを1時間27分、平均心拍数153(1分間の心拍数)とキロ5分後半で走った割には低い心拍数です。私の場合、165を超えるとかなりキツイ状態です。


過去に一度だけいわゆる”ランナーズ・ハイ”らしきものを経験しました。'07福井美浜マラソンの20kmコースです。その時は10Kmまではいつものペースで55分。そして後半、坂道を登りだしてから、何か不思議なパワーが沸き起こり、苦しさが消えてがぜんペースUP、15Km走ったあとの最後の5Kmは中距離みたいにストライド伸ばして飛ばしてた。ひとごとのようなんですよ、自分は別に居てみてる感じ。面白い感覚です。神が降臨しました(笑)


書物によると、「過大なストレスを抑えるために麻痺させるモルヒネみないな脳内物質(エンドルフィン - Wikipedia)を出す」ようです。走りながら、コレどこまで持つんかな?とずーっと思ってたけど、スパートしたまま走り切っちゃった。後半の10Kmを47分という今までのベストより5分以上速い個人的に驚異的な結果でした。心拍計で、20kmの平均心拍数172、運動強度98と限界なのは明白です。20km走行の平均心拍が172はあちらに逝ってもおかしくありません(汗)200を超えた瞬間もあったんだろうと思います。


しかしそのあと、数時間してから動けないほど疲労がきました。10cmづつくらいしか歩けなくなった。東京→浦安が30分のところ、ろくに階段も降りれず2時間かかった(笑)やはりご褒美にはツケが回ってきますね。でも面白い経験でした。この経験も走り続けてる原因かも知れません。また来ないかなーと(笑)