迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

劔岳 撮影の記〜前人未踏のドキュメンタリー〜


夏に公開になった「劔岳点の記」、その撮影経過を記した映画が公開されます!九州では来年1月に中州大洋さんで。超、楽しみです。


・・・で、こないだ柳川に来たタケシくんから連絡あり、今週の日曜に「撮影の記」の宣伝を兼ねて、この映画の撮影スタッフの皆さんが宝満山に登るそうです!・・・今日から鹿児島に4日間先輩のところに行くので、残念ながら参加できない・・・。福岡の方、是非宝満山へ登られては!


作品についてWEBページの紹介より・・・・
本年6月20日に全国公開された映画「劔岳 点の記」(富山県は6月13日先行公開)。 7週間のファーストランを無事終え、現在14週目に入り、なお全国各地でロングラン上映が続いており、興行収入25億2千万、観客動員228万6千人(9月23日現在)を超えた。
日本を代表するキャメラマン木村大作を、企画の立ち上げから47都道府県全てを自家用車で廻った宣伝キャンペーンの最後まで奔走せしめた2時間 19分の大作は、浅野忠信はじめ日本を代表する俳優陣が演じ切った明治の人間の気高き佇まいと、前代未聞の、200日以上、標高3000メートル級の立山連峰にこもって撮影された自然の美しさと厳しさを存分に切り取った映像美で、多くの観客を魅了した。
劔岳 撮影の記 ―標高3000メートル、激闘の873日」は、ディレクター・大澤嘉工が、本クランクイン前から木村大作に密着、 200日を超える山ロケ全てに同行し、合計収録時間は230時間以上、もはや単なる映画製作と言えない過酷な2年間の日々と環境、そこに人生を賭けた活動屋たちの迫真の魂のありように迫った、「前人未踏のドキュメンタリー」である。


これは、映画撮影の記録ではない。人生そのものの激闘の証しである。http://www.tsurugidake.jp/contents01.html


剣岳登ったし、激闘の証、観なければ。すでに泣けてきそう・・・・


今夏の立山からの「劔岳」です↓上の写真で撮影隊が立っているのは後ろの劔岳頂上です。素晴らしい山様ですよね。