迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

トムラウシ山大量遭難。

山と渓谷」10月号に特集してあります。生還した方の証言、状況をわかりやすくまとめてあります。ぜひご一読を。

「夏山史上最悪の遭難はなぜ起きたのか?」

〜序文より〜2009年7月16日は現代登山史において長く記憶される日になるだろう。北海道の大雪山系で発生した3件の気象遭難は、実に10人の生命が奪われる大惨事となった。なかでもツアー登山パーティ8人と単独行者1人の計9人が犠牲になったトムラウシ山の遭難は、夏山の気象遭難としては過去最大規模のものである。
いったいなぜ、このような遭難が起こってしまったのだろうか。

図書館で読んでます。