読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷わず行こうよ、行けばわかるさ

転職、放浪、介護、何でも自分で経験しなけりゃわからない。まわり道でも行ってみたい。そんな感じの人生です・・・

「スノーデン」

『スノーデン』映画オリジナル予告編 オヤジと佐賀のシエマで鑑賞。グッド!CIA、NSAの職員だった彼(エドワード・スノーデン)の映画は「シチズンフォー スノーデンの暴露」に続いて2作目。今回の作品の監督はオリバー・ストーン。(ベトナム帰還兵、「プ…

「愚行録」

映画 『愚行録』予告編【HD】2017年2月18日公開 大好きだった「悪人」で共演の妻夫木・満島組、そして今回は北野オフィス作品。観ないわけにはいかなかった。オヤジと109佐賀で鑑賞。オヤジは・・?だったけど、オレには充分良かったです。傷を負うことで…

「ライオン Lion」

LION Trailer | Festival 2016 海外の友人がFBで紹介してた映画。予告編みてめっちゃ観たいと思った。幼少の頃置き去りになり、外国人の養子になった主人公が自分のルーツをさぐる実話のストーリー。映像も美しい。海外版の予告編のほうがよいのでそっちをUP…

「手紙は憶えている(原題:Remember)」

「手紙は憶えている」予告編 オヤジと佐賀のシエマで鑑賞。認知症の主人公がアウシュビッツでの出来事を追跡する物語。ヘビィな題材なのだけれどサスペンスとして良かった。2人共おすすめです。☆☆☆

The Lady in the Van

昨晩佐賀のシエマにて鑑賞。なんとも”雰囲気がよい”映画だった。劇中で小説家である準主人公のおだやかな語り口が良かったのだろうと思う。ロンドンパンク発祥とされるカムデンストリート(comden)での話というところも名前だけは聞いていて興味深く行って…

「弁護人」

映画『弁護人』予告編 佐賀CIEMAにて鑑賞。現在、韓国は大統領問題で混乱してるけど、1981年、軍事政権下の韓国で実際に起きた冤罪事件を題材、主人公はこの軍事政権に挑む冤罪事件の弁護士。それは故盧泰愚(ノ・テウ)大統領の若き弁護士時代。1981年と言…

「この世界の片隅に」

映画『この世界の片隅に』予告編 CIEMAで単独鑑賞。昭和初期から戦争終結までの広島県呉市を舞台にした物語。たった70数年前の出来事だということが信じ難い。観終わった感想としては、戦後経済的に発展し、ITを駆使し何でも手に入るような世界になったのだ…

「ニコラス・ウィンストンと669人の子どもたち」

映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』予告編 とーちゃんとCIEMAで鑑賞。すげー良かったよ。これ、第2次世界大戦時に多くの子供達を救ったリアルストーリー。娯楽作品ではなく知っておくべき歴史の勉強です。学校で授業に使用したらいいと思う。…

「君の名は」

興行収入200億超えという快挙の映画。でも面白くなかったっていった友達が居たので、そうかもなぁ~と観に行ってなかった。・・・で、今日は映画の気分だったのでいちおう観ておくか~と109のレイトショーへ。 ・・・めちゃ良い!!! 何が?って難しいんだ…

「ロング・トレイル」

山登りやってる人、これは観るでしょ、って映画。舞台は北米東側のアパラチアン・トレイル 。行ってみたいなぁと思ってたものの、なんせ全長3,500kmもあるし、一部歩くでも遠いからそうそう行けない。去年友達と2週間歩いたスイスの山旅(ウォーカーズ・オ…

just a fantasy or a nightmare

今日もオヤジと映画。ほんとよく行くよ。今日観たのは「イレブン・ミニッツ」っつー映画なんだけどね、帰りがけ運転してる時、突然思って口に出したんだよね、 Life is just a fantasy or a nightmare って。 (なぜかこういう時は英語だ。いきなり口に出し…

「ジャック・リーチャー Never Go Back」

オヤジと「アウトロー」に続くジャック・リーチャー2である「Never Go Back」を観てきた。前作に続き、トム・クルーズ扮する元陸軍憲兵隊主任捜査官だったリーチャーが悪をあばく勧善懲悪ストーリー。単純明快、後味スッキリの痛快娯楽活劇。男の連中はこい…

「オーバー・フェンス」

「オーバー・フェンス」予告編 昨晩、佐賀CIEMAでオヤジと鑑賞。いいよ。今年の日本映画では「怒り」と肩をならべて一番かも知れない。予想外だったのはオヤジ(84)も良かったと評価したこと。(オレは蒼井優・オダギリジョー好きだから評価甘くなる)…

「ニュースの真相」 (原題:Truth)

↑アメリカの予告編のがいい 佐賀・シエマで父親と鑑賞。観ようと思った理由は社会派実録のストーリー。それに加えて麗しのケイト・ブランシェット主演!この時点で観るでしょ。それに加えてだね、準主演にロバートレッドフォードだよ。もう観たい、じゃなく…

「永い言い訳」

西川美和監督前作の「ゆれる」が良くって今回も公開早々に観に行った。良いんだけど、文章にして伝えるのが難しい。メッセージとしては”人は色んな立場と生活をしてるんだけど、その紡がれる絆を大切にに日を過ごしなさい”、と言ってしまえば、そういうこと…

「CITIZENFOUR スノーデンの暴露」

元CIA職員が倫理観からNSA(National Security Agency)を告発した物語。CITIZENFOURは新聞社へコンタクトした際のハンドルネーム。なんせ本人出演の完全ドキュメンタリー。凄い世界だった。きっとこんな感じなんだろうなとは思ってたけど、やはり個人情報に…

「ハドソン川の奇跡」

雨が続いてるのでオヤジと鑑賞@109佐賀。この映画、元・米国航空会社スタッフとしては観なければいけない実話、かつクリント・イーストウッド監督の作品。彼の映画はいつもいい映画なのだ。(最近ではアメリカン・スナイパーだね) ハドソン川への不時着(…

「怒り」

大好きだった「悪人」の吉田修一原作、監督も同じく李相日。出演も渡辺謙・妻夫木聡・綾野剛・松山ケンイチ・森山未來・宮崎あおい・広瀬すず・高畑充希、そして音楽は坂本龍一。すごい布陣だよね。誰が主人公なのか?・・・観終わっても全員が主人公だった…

映画「シークレット・アイズ」

沖縄から帰ってきて今日は台風シフト(台風準備)で色々作業。ドアの固定とか駐車場の屋根固定とか。午前中でひと段落したので映画をチェックしてみた。そしたら、面白そうなのが4作品もあるやん!(普段から漁ってるんだけど、なかなか複数を観たいという状…

親子で映画

一昨日宮崎〜鹿児島のサーフトリップから帰還。昨日も平地の柳川は暑くてどーしようもないので昼間っから映画へ。 オレは佐賀のシエマCIEMAでこれ↓自然派映画で良かったよ〜 (今年29回目の鑑賞で無料だった。映画業界現役時代なみに観てるなオレw) 誇張あ…

ランニング再開

なんと去年10月から散歩くらいしかしてなくて身体が鈍りきってました。数えてみれば9ヶ月(汗)いい加減根本的に動かさないとマズイと思い、ランニング(いやジョギング)を再開。マラソンやってたのは2年以上前だから、かなり久々です。 パソコンで懐かしの…

「園子温という生き物」

佐賀のCIEMAさんで鑑賞。知らなかったんだけど、監督は愛知県豊川市出身。豊橋東高校卒だった。かって映画館を開けたところのそばです。そうかーあのあたりの出身だったのか、、、と感慨深かった。(2000年の当時にはまだ売れていなかったと思う) 園子温さ…

「岸辺の旅」

大川シネマホールで親父と鑑賞。カンヌである視点部門の監督賞作。どこがどうと言えないんだけど、夢を見てるような映画で雰囲気がとても良かった。深津絵里さんファンの方は見にいくべきですね。(オレはあんまり好きでは無かったんだけど、今回良いなぁと…

「アイヒマン・ショー」

今日は久しぶりに親父と一緒に映画へ。2人して社会派好きだからこの映画。ヘビィな内容ではあるけどやっぱ観ておくべき映画だった。作品が良いとか悪いとかいうよりもね。アウシュビッツで悪名高いアイヒマンの裁判のTV放送をしようとしたクルーの物語なんだ…

「スポットライト」(原題:SPOTLIGHT)

(↑英語版のが良い) 109シネマズ佐賀のレイトショーで鑑賞。社会派が一番好きな映画ジャンルなんだけど、久々に良かった。エンドロールの間もずーっと余韻に浸ってた。やっぱり正義というか人間のあるべき姿っていう物語に惹かれるよね。この作品も実話ベー…

「ルーム」(原題:Room)

(英語版のが良い。日本語版→映画「ルーム」予告編) 病院通いの合間にシエマさんで鑑賞。スリリングな脱出劇と脱出後の苦悩。かなり良かった。子役が超絶かわいいよ。オススメです。★★★★★ 評価価値1800円

おすすめ映画2本

1本目、CIEMAさんにて「ドリーム・ホーム 99%を操る男だち」(原題:99Home)リーマンショック後に返済に困り住宅を追われ、仕事もなくどうやって生活し家を取り戻すか。リアルな社会を描いてる。金とヒューマニズム・正義がテーマ。社会派好きな方に是非。…

「ディーパンの闘い Dheepan」

今日は母親体調が良くデイケアへ。社会派好きのオヤジと佐賀のシエマさんで鑑賞。主人公はスリランカ内戦の兵士だったディーパンは家族を偽証し何とかフランスに渡る。平穏な暮らしが始まったのだが、新しい闘いが起こる。・・・生きるってことは勝ち取るっ…

「スティーブ・ジョブス」

夜に時間出来たので大牟田セントラルシネマのレイトショーへ。彼の生き様が映画になったのは2回目。前作はスティーブ・ジョブズ(2013) : 作品情報 - 映画.com。 今度のは少し違う尺度で描かれていて2本併せて映画「スティーブ・ジョブス」が完成するなと思…

「ディーン 君がいた瞬間(とき)」

いつものCIEMAさんで鑑賞。この手の作品、オヤジは不得意なので単独で。ディーンはジェームス・ディーンね。「エデンの東」「理由なき反抗」の往年の俳優。彼と親密な写真家がベースなんだけど実話だと思う。すごくしっくりくる映画でかなり良かった。 <以…

「サウルの息子」

社会派好きなオヤジと一緒にシエマさんで鑑賞。主題が重たいのは重々承知の上で行きました。知らなかった歴史の勉強という側面での価値ありですが、映画としてはしんどかったです。アウシュビッツの狂気や史実について知りたい方向けです。この映画も娯楽作…

「私の名前は・・・」

本日も映画。良く観るねぇ〜(我ながら好きだねぇー)今日は単独じゃなく同級生のジョージ(笑)も観たいということで現地集合。あのアニエスベーが制作した映画とのことだったのでチラシ初見で観に行くことにしてた。・・・切なく悲しいロード・ムービーだ…

「ミケランジェロ・プロジェクト」

佐賀のシエマで鑑賞。予想通りにお気楽に楽しめた。まぁジョージ・クルーニー・マット・デイモン、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレーの豪華出演キャストを観たかった・・・ってことやね。それぞれ予想通りの配役でした。これってミニシアター系の上映…

「Re: Life」

いつもの単館系CIEMAさんで鑑賞。ヒュー・グラント主演の人生やりなおし系ストーリー。なかなか面白かった。だが一番印象に残ったのは、Marisa Tomeiさんが相変わらずのキュートさだったこと。彼女は1個下の現在51歳。そんでどんな感じになってるのかな?と…

「オデッセイ」

かの「ブレードランナー」や「グラディエーター」を監督したリドリー・スコット監督の最新作。期待して観に行ったのが当然だ。宇宙モノなんだけどリアルな臨場感というより、火星の情景が素晴らしかった。よくぞこのロケーションを探したなぁ〜と。大人から…

「白い沈黙」

佐賀のシエマさんで鑑賞。幼い子供を不注意から誘拐されたその後の両親の苦悩を描く。8年間消息が不明で父親は自力で探している。誘拐した虐待組織と父親の攻防。臨場感たっぷりで考えさせられる映画だった。★★★★1,500円価値 今週金曜で終了です。シエマへ…

「SW フォースの覚醒」

クリスマスにSW観てきた。内容はともあれ(本当にそう思った)ハン・ソロとレイアに時の流れを実感した。あぁ、オレらも時を過ごしたな、、、。もうそれしか無いくらいの感想。そして観客は概ね年上のみ!あぁ、これは同窓会状態だと思った。びっくりだよ。…

「ピエロがお前を嘲笑う」

ポスターのコピーに、> > >と書いてあるもんだから、サスペンス好きなオレは観ないわけにはいかない。今日いつもの佐賀のシエマさんで鑑賞。なかなかやるじゃ〜ん。ドイツの映画でドイツ語なんで言葉のニュアンスが直接解らなかったのが残念だけど、面白かっ…

「顔のないヒトラーたち」(英題:LABYRINTH OF LIES)

佐賀のシエマさんで鑑賞。素晴らしかった。これは歴史を認識する上で観なければなりません!第2次世界大戦集結から13年後の1958年、まだアウシュビッツは世界はおろかドイツ国内にも知られていなかったのだ。この作品紹介をHPから引用すると、 戦後十数年を…

「恋人たち」

昨日も一昨日に続き佐賀のシエマさんで映画。今日は「恋人たち」。大好きだった「ぐるりのこと」を監督した橋口監督の作品。観ないわけにはいかない。リアルな日常を描くのは共通だったけれど、映画情報にあるように「今を生きるすべての人に送る絶望と再生…

「アクトレス 女たちの舞台」

タイミング合わずにようやっと佐賀のCIEMAで最終日のレイトショーを観た。「イングリッシュ・ペイシェント(96)」のジュリエット・ビノシュが出るからだ。相当良かったんだよね。それに「キック・アス」の爆笑女優クロエちゃんも出てるし。。。(この人はち…

「ナイトクローラー」2015 No.1!

(↑アメリカの予告編の方が断然良い) 先ほど佐賀のシエマ Ciemaさんで鑑賞。あんまり良すぎて興奮さめやらぬままに書いてます。臨場感がすごすぎる。ナイトクローラーとは犯罪や事故を撮影取材しTV局に売る仕事をやってる人達。(Night Crawlerの直訳はミミ…

「ジョン・ウィック」

夏休み明けからアクションで観たい映画が少なくってね、予告編でかなりてた作品。しかし、映画が始まると・・・あれ、観たことある・・・。あー これ飛行機で観てた〜 しかも面白くなかった〜 ちょっとやり過ぎっしょっていう感想。 おすすめ度★☆☆☆☆

近くに映画館ができた 2

となりの町に映画館ができたことは以前書いた。(→近くに映画館ができた1) そんで今日、初めて観に行った。18:30〜の「インターステラー」。今回2回目の鑑賞だけどいい映画だったし、宇宙モノなので映像の迫力とか音響とかチェックできるし・・・そんで月…

「真夜中のゆりかご A Second Chance」

昨日、またCIEMAさんで観た。(年間ヴィンテージ会員なので1100円)いやークライム・サスペンスなんだけど、人間の核心に迫る素晴らしい作品だった。今年観た映画では一番かも知れない。9日(金)までだよ! 近くの方、ぜひ。★★★★+ 映画→yurikago-movie.com

「グローリー 明日への行進」

オヤジと佐賀のCIEMAさんにて鑑賞。久々の社会派、ほんの50年前(オレらが幼かった頃)までこんなに差別された世界だった訳ですね。歴史の勉強のためにも観るべき作品です! 作品詳細→映画「グローリー -明日への行進-」公式サイト ★★★★

やっと観たよ「Wild」

1年前に書いたブログ映画「Wild」。やっと今日観たよ〜。日本の邦題は「わたしに会うまでの1600キロ」 1年越しに映画観たのは初めてかも。しかも近くでやってなくて、隣県の熊本まで観に行った(笑)福岡県では中間市と北九州だったので、ウチからだと熊本の…

近くに映画館ができた 1

(↑大川シネマホールさんhpより) 車で15分の隣の街に映画館が出来た。来月10月11日のオープン。劇場→大川シネマホール すごい。何が凄いって、まず単館(1スクリーン)、そんで380席(車椅子席含む)の大型。設備もJBLのスピーカーシステムに4Kプロジェク…

「女神は二度微笑む」

今日も朝7時から庭作業。拡がりまくって咲終えた紫陽花をこじんまりカット。朝7時からでもドッと汗かくねー。そんで朝10時から昨日に引き続きシエマさんでモーニングショー。インド映画のサスペンスは初めて観たけど、見応え充分、良かったよ〜 ほんとシ…

「グッド・ライ Good Lie」

佐賀のシエマさんで鑑賞。とってもいい映画だった。色々書くより予告編みてください。(しかも予告編より良い)コレ観るべきッス!★★★★☆ 1800円払って大丈夫。 DVDも出てる・・・Good Lieアーティスト: Various Artists出版社/メーカー: Warner Bros / Wea発…